この夏のこともどうせ忘れる 深沢仁

LINEで送る
Pocket

「必要なのは『ちょうどいい人』だ」by 梨奈

【あらすじ】
市井梨奈は高校三年生。
一か月前に別れた彼氏は大学生。
高校生活最後の彼氏を誰にしようか迷っている。
制服でデートしたいので同じ学年の男子を探している。
友達のアッコは「フツーの受験生はそんなヒマないよ」という。
だから梨奈は「ちょうどいい人」を探している。
白羽の矢を立てたのは「生き残り」と呼ばれている篠晃弘。

野球部に入った篠は、先輩からのいじめや超体育会系の練習で他の一年生が辞めたなか唯一残った。
熱中症事件が起こった死のロードワークでも、二年生が全滅になったが篠だけは倒れずに職員室に駆け込み救急車を呼んでもらった…まさしく「生き残り」なのだ。
このことがきっかけで野球部は廃部。
そんなエピソードを聞き、梨奈は篠のことが好きになる。

篠のバイト先に行き、告白するとすんなりOK。
デートをしても篠は口数が少なく梨奈が喋りっぱなし。
それでも梨奈は篠との恋愛を楽しんでいた。

夏休みのある日、私服でデートをしていると篠の両親と妹達の四人とバッタリ出会った。
その日から梨奈がメールをしても電話をしても連絡が取れなくなった。
数日後、篠のバイト先に行くと同僚が携帯が壊れて梨奈と連絡が取れなくなったこと。
篠は風邪でしばらくバイトを休むこと。
連絡先を教えてくれたら後で連絡すること。

篠から連絡があり梨奈は「会いたい」とせがむ。
梨奈の家に来た篠の顔は殴られた痕があり、左腕も腫れあがっていた。
篠は家の状況を少しずつ語り始めた…。

【感想】
どの話も妙に心に引っかかってしまうストーリーです。
特にあらすじを紹介した「生き残り」は胸キュンでした。
梨奈ちゃんが可愛らしいし、篠くんのキャラはど真ん中💕
切ないラブストーリーにやられました。

どの話も主役は高校生。
高校生の夏って子どもでもなく、大人でもない
感受性は豊かで怖いもの知らず。
自分の高校生の夏を振り返っていました。

夜遅くまで友達の家で喋ってたこと。
初めて外泊したのも高校生だった。
バイト先の友達と近所の駐車場で夜中まで遊んだこと。
あれもこれも全部、夏の出来事だったなぁ。
懐かしくてちょっぴり照れくさいあの日の事を思い出させてくれる本です。

【目次】
空と窒息
昆虫標本
宵闇の山
生き残り
夏の直線
あとがき

ポプラ社
268ページ
2019年7月4日第1刷発行
640円

著者 深沢仁
都内在住の物書き。
極度な方向音痴。
気分屋の浪費家。
夜型の嘘吐き。
飽きっぽい。
忘れっぽい。
第2回「このライトノベルがすごい!」大賞優秀賞受賞作『R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く』でデビュー

著書
「狼少女は羊を逃がす」
「英国幻視の少年たち」など

深沢仁 ブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください