新・魔法のコンパス 西野亮廣

LINEで送る
Pocket

「挑戦してください」

この本は書店でもよく見かけていました。
「あぁ、西野さんまた新刊だしたんだなぁ」と気にはなっていました。
Facebookの「本が好き!倶楽部」の管理人、久木田裕常氏が主催でZOOMで6月に読んだおススメの本を紹介するイベントがあり参加しました。
そこで、久木田氏がフリーランスになりたての人におススメしていたのがこの本でした。

◆お金は「他者に提供した価値の対価」
・お金は他者に提供した「労働」の対価ではなく「価値」の対価
 山の上の缶ジュースが高いのは何故?
 ✖ 山頂へ運ぶコスト
  〇 地上にいる時よりも汗を流して山を登った後のほうがジュースを欲しているから
  → 山の上の缶ジュースは高くしても売れるから高い
◆収入を増やすには、自分自身の希少価値を上げる
・一つの分野に1万時間費やすと「100人に一人の人材になれる」
・「100万人に一人の人材になる」ためには?
→ 職業を掛け合わせる
→「100人に一人の人材の分野 A」✖「100人に一人の人材の分野B」
→ AとBは離れたものにする
  例 西野亮廣氏 A=お笑い B=絵本 ★漫才ができる絵本作家

◆人は相談「する」よりも「される」ほうが気持ち良い
・広告の方法で困ったら相談する。
→ 自分が必要とされて、嬉しくない人間はいない
→ アドバイスを貰うと、相手はお客さん第一号になる
◆集客したければ「お客さんの一日」をコーディネートする
・一つのコンテンツではなく、複数のコンテンツが堪能できる「一日」をコーディネートする
→ A:ライブのチケット
  B:ライブのチケット+終演後の交流会の参加チケット
  BのチケットがAより高いにもかかわらず、よく売れた。

◆自分をブランド化して「ファン」を作る
・「機能検索」の時代が終わり「人検索」の時代が始まった
・機能や品質、値段で他との差別化が図れなくなっている
・同じ味、同じ値段、同じ内装の店が並んでいるときに店を選ぶ理由
→「誰が働いているか?」
◆ファンは「理念」を支持してくれる人
・姿勢や理念に共感し、変化していくことも支持してくれる人
・ファンの線引きはハッキリしておく
・「にわかファン」を否定する「コアファン」がコミュニティーを破壊する

まとめ

1.お金は提供した価値の対価
2.複数のコンテンツが堪能できる一日をコーディネイトする
3.「人検索」の時代、自分をブランド化してファンを作る

【感想】
話し言葉で書いてあり、ページに余白もあるのでとても読みやすい本です。
「働く=労働」の概念が変わります。
本の中盤には近畿大学平成30年度卒業式スピーチが「特別付録」として掲載されています。
スピーチの中で一番印象に残った言葉が冒頭の「挑戦してください」でした。
人は何歳になっても「挑戦」することが大切なんだと身に染みました。

私は若い頃に勇気が無かった為に諦めてきた事が山の様にあります。
50代半ばを迎え、今からでも「やってみたい事」に諦めず挑戦しようと思います。
その一つが富士登山であり、コミュニティー作りです。
自分一人では無理なことも、周りの人を巻き込むことで実現します。

自分には無理かも…
前に挑戦してダメだった…
諦めかけていたことをやってみようと思う気持ちを後押ししてくれる本です。

【目次】
はじめに
第1章 お金
第2章 広告
特別付録 この世界に失敗など存在しない
第3章 ファン
『夢を追いかけているキミへ』

角川文庫
285ページ
2019年5月25日第1刷発行
電子書籍あり

著者 西野亮廣
1980年生まれ。
芸人、絵本作家etc
1999年に梶原雄太と「キングコング」を結成。
人気絶頂の2005年、「世界一面白い芸人になる」夢を叶えるため、テレビから軸足を抜いた結果「炎上芸人」などとパッシングを受けるが、絵本やビジネス書執筆など結果を出し続け、熱狂的支持を得る。
オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は国内最大で2019年4月現在、会員数2万3000人超。

著書
「新世界」
「魔法のコンパス」
「革命のファンファーレ」など

西野亮廣 ブログ

西野亮廣エンタメ研究所

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください