永遠についての証明 岩井圭也

LINEで送る
Pocket

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「上半期に読んだ、私のおすすめ本」


インターネットラジオゆめのたね放送局
関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
「ホンスキー倶楽部」

試聴はこちらからできます。

https://yumepod4.xsrv.jp/wp-content/uploads/2019/06/7-1_honsukiiclub_20190613.mp3

ラジオネーム ゆみこ

岩井圭也 「永遠についての証明」KADOKAWA

① この本のおすすめどころ
数学に魅せられた若者たちの光と影を描いた物語です。
胸打つ人間ドラマであると同時に、数学世界の美しい描写に心が奪われます。 

② この本との出会い
Facebookをお休み中のホンスキーの友だちが、「あまりにも素晴らしかったので」と久しぶりに登場して紹介してくれたのがこの本との出会いです。 

③ 上半期一番のできごと
1番という言い方をしてよいのかどうかわかりませんが、今年はこれまで申し込んだジャニーズのチケットがすべて当選!
上半期は7回ライブや舞台に足を運びました。
数年ぶりに嵐のライブも当たり、今年の私は持ってます。 

【あらすじ】
特別推薦生として協和大学の数学科にやってきた瞭司と熊沢、そして佐那。
眩いばかりの数学的才能を持つ瞭司に惹きつけられるように三人は結びつき、共同研究で画期的な成果を上げる。
しかし瞭司の過剰な才能は周囲の人間を巻き込み、関係性を修復不可能なほどに引き裂いてしまう。
出会いから17年後、失意のなかで死んだ瞭司の研究ノートを手にした熊沢は、そこに未解決問題「コラッツ予想」の証明と思われる記述を発見する。
贖罪の気持ちを抱える熊沢は、ノートに挑むことで再び瞭司と向き合うことを決意するが――。

KADOKAWA公式サイトに入ると電子書籍ですが「永遠についての証明」の試し読みができます。

コラッツ予想とは、任意の自然数(0を除く)について、
・偶数なら、2で割る。
・奇数なら、3倍して1を足す。
上記を繰り返すと、必ずいつかは 1→4→2→1→4→2→1→4→2→1…… のループに入る、という予想です。

5×2 60乗まで実際に計算して確かめられているので、おそらく成り立つようなのですが、2018年現在まだ証明も反証もできていないようです。
数学者ポール・エルデシュにより、500ドル の賞金が掛けられていることで有名です。

著者 岩井圭也
1987年生まれ。大阪府出身。
北海道大学大学院農学院修了。
2018年「永遠についての証明」で第9回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、デビュー

著書
「夏の陰」

岩井圭也 ツイッター



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください