富士山パーフェクトガイド

「ゆっくり歩き、深く深呼吸する」

この本を手に取ったのは、今年の7月末に富士山に登るからです。
本格的な山登りは初めて。
なのに日本一の山!!
同じ行くなら頂上でご来光!!

山の知識が殆どない私は、これまでの経験上
「困ったことがあれば本に頼る」ことでなんとかしのいできました。
今回もまずは本を…
と、図書館に行って見つけて来ました。

富士登山の基礎知識

◆装備と持ち物
・登山靴…自分のサイズにあったものを選ぶ。
     足首がしっかりサポートされたものを。
     靴底が熱く、グリップ力があるものを。
・ザック…20~30リットルでフィット感のあるもの。
・雨具…上着とズボンと分かれたタイプ。
    ゴアテックスなど防水透湿性素材。
    サイズは少しゆとりのあるもの。
・ウエア…吸汗速乾性のあるもの。
     夏でもダウンジャケットは必要。
・行動食…短時間にエネルギーになる糖分と汗を書くので塩分も必要。
・その他…トレッキングポール、ヘッドランプ、水
◆高山病予防対策
・高山病…標高が高くなると気圧が下がり、大気中の酸素濃度が減少するために引き起こされる身体の変調。
    頭痛、吐き気、嘔吐、めまい、チアノーゼなど
・予防…五合目に到着したら、ゆっくりと滞在して身体を高度に慣らす。
    ゆっくり歩き、深く呼吸をする。
・高山病の対処法…休憩する。症状が緩和しない場合は速やかに下山する。
◆登る時、降りる時の歩き方

・登る時…腹式呼吸でゆっくりと歩く
     歩幅は小さく、上体を揺らさない
     一定のリズムを保つ
・降りる時…靴ひもをしっかりと結ぶ(特につま先と足首)
      スパッツ、マスクで砂ほこり対策
      小刻みにリズムよく歩く

初心者におすすめ吉田ルート

◆概要
・富士山五合目から剣ヶ峰頂上
 歩行距離 約17.6km
 標高差  約1471m
 登り…6時間40分、下り…4時間10分
◆ルートアドバイス
・五合目に着いたら1時間ほど滞在して高度に慣れる
・六合目ではトイレ休憩をとる ♬トイレはチップを払って使用(100円玉を用意)
・水分補給はこまめに
・遅すぎると思うくらいのペースで焦らず呼吸を整えて歩く
・下山は砂埃がたつ砂礫地が続くので、スパッツ、マスク、サングラス(メガネ)で保護する

【感想】
トイレや山小屋の利用など細かいアドバイスもあり、とても参考になりました。
歩く前のストレッチまで書いてあります。
写真やイラストも多くあり、初心者の私でも読みやすく、必要な所がわかりやすくなっています。

富士山は吉田ルートだけでなく他の3つのルート(須走ルート、富士宮ルート、御殿場ルート)についても書いてあります。

私は大阪からツアーでの参加です。
観光バスで五合目まで行き、そこから八合目の山小屋まで歩きます。
山小屋で仮眠をとって夜中に出発しご来光を見て下山するというコースです。
勿論、吉田ルート。

7月8日の段階では、昨年の台風の影響で吉田ルートは落石で頂上まで行くことができません。
1日も早く復旧作業が進んで頂上まで行けるようにと願っています。

富士山登山についても、このブログでいろいろ発信していきます(*^^*)

JTBパブリッシング
159ページ
2014年5月15日第1刷発行
本体価格 1300円