檸檬 梶井基次郎

LINEで送る
Pocket

「その奇妙なたくらみはむしろ私をぎょっとさせた」

梶井基次郎の代表作品と知られる「檸檬」
今回は青空文庫で読みました。

「青空文庫」…青空文庫は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である(ウィキペディアより引用)

【あらすじ】
主人公の「私」は京都に住む学生。
友人の下宿を転々として暮らしている。
裏通りを歩いている時に一軒の果物屋で檸檬を見つける。
気持ちが欝々としている時に檸檬を持つだけで
身体中が元気になっていく。

私はある時、京都の丸善により画本を城壁の様に積み上げ
そしてそっと檸檬を置いてみたのだった。

【感想】
主人公の私は梶井基次郎氏本人だと思うので
小説というよりはエッセイの様です。
青年期の欝々とした気分の時に檸檬を持つことで
気持ちが元気になっていく。
そんな一コマを丁寧に描いています。

3年ほど前に京都の丸善に行った時のことを思い出しました。
そこには梶井基次郎の「檸檬」の本が積み重なっていて、
その上に檸檬が置いてありました。

その時は「檸檬」を読んでいなかったので
なんでレモンを置いているんだろう???
と思っていたのですが、今回読んで納得しました。

本がなかなか読めない。
文豪が書いた文章を短時間で読んでみたい。
「青空文庫」は電子書籍ですが、
そんな方にピッタリです。

紙の本では「檸檬」をはじめいくつもの小説が一緒に載っていますが
青空文庫は「檸檬」だけで読み切ることができます。

「檸檬」は朗読をしてYouTubeにアップしています。
20分程度なので興味にある方は聞いてみてください。

YouTube はこちらから 
 ↓  ↓  ↓
入眠リラクゼーション朗読「檸檬」


著者 梶井基次郎
(1901-1932)大阪生れ。
少年時代は三重、東京などに転居を繰り返す。
1919年、エンジニアを目指して三高理科に入学するが次第に文学に惹かれ、1924年、東京帝大英文科に入学。
同人誌「青空」で積極的に活動するが、少年時代からの肺結核が悪化し卒業は叶わなかった。
療養のため訪れた伊豆の湯ケ島温泉で川端康成、広津和郎に親近し創作を続けた。
しかし病は次第に重くなり、初めての創作集『檸檬』刊行の翌年、郷里大阪にて逝去。
享年31。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください