海獣の子供 第1巻 五十嵐大介

LINEで送る
Pocket

「私は誰かに見つけてほしかったんだ」by 琉花

このコミックは私が参加しているイベント
「みんなで10000冊読めるかな〈往路6区〉」で紹介されていた本です。
kindle版で7月4日22:00まで1巻が無料で読むことができます。 

読んだ後にYouTubeで米津玄師さんの「海の幽霊」のMVを見ると
今年の6月に映画化された映像を見ることができます。

海の幽霊

【あらすじ】
中学生の琉花はハンドボール部。
活躍はするもののラフプレーも多く、チームメイトを怪我させたことで夏休み中の部活動の参加の停止を顧問から言い渡される。
海が見たくなった琉花は東京へ。
そこで海に潜る少年「海」と出会う。

琉花の父親が勤務する水族館へ行くとそこには「海」の姿が。
「海」には双子の兄「空」が居た。
二人は赤ちゃんの時から海でジュゴンに育てられたのだ。
地上に長時間居ると皮膚が乾くため、定期的に水の中で過ごさなければならない。

琉花と海はある夜、浜辺で隕石が落ちるところを目撃する。
それ以降、浜辺に普段なら見ることがない深海魚が打ち上げられるようになった。
人と上手く関われない琉花。
人でないジュゴンに育てられた双子。
琉花に「同じニオイがする」と伝える海と空。
ある日、入院先から空が居なくなったと連絡が入る。

【感想】
海で育った子供が居るかどうかはともかくとして
泳ぎが苦手な私は海が自由に泳ぐシーンがとても羨ましかった。
せめて怖がらずに泳ぐことが出来れば、もっと海で楽しめるのに…。

絵が写実的で丁寧に描いているのでカラーで読みたいと思いました。
映画も気になります。
まだ上映していますが日に一度だけ…。
映画を見に行くかコミックで読むか、海や空がどうなるのか続きが楽しみです。

【目次】
第一話 琉花
第二話 神鳴りの日
第三話 人魂
第四話 Marene Mamals
第五話 図様
第六話 海の幽霊
第七話 椅子
第八話 水界

小学館 IKKI COMIX
316ページ
2007年7月30日第一刷発行
本体価格 780円
電子書籍あり

著者 五十嵐大介
1969年埼玉県生まれ。
多摩美術大学芸術学部絵画学科卒
1993年にデビューした漫画家。

1993年に「お囃子が聞こえる日」(『アフタヌーン』)でデビュー。
「海獣の子供」で文化庁メディア芸術祭 (第13回, マンガ部門・優秀賞)、 日本漫画家協会賞 (第38回, 優秀賞)〔2009年〕受賞。

著書
「はなしっぱなし」
「リトル・フォレスト」
「魔女」などがある。

五十嵐大介 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください