お絵かき禁止の国 長谷川まりる

LINEで送る
Pocket

「言葉があると思うだけで、なんていうか…認められている気がする」by ハル

第59回講談社児童文学新人賞佳作を受賞した長谷川まりる氏のデビュー作です。

【あらすじ】
ハルは中学三年生。
父・母・二つ下の弟との4人家族。
ハルはクラスの人気者アキラからキスをされて有頂天。

ハルは同じ美術部に所属するりょーちゃんとしおりんが友達。
写実的に絵を描くよりマンガを描くのが得意。
クラスの中ではどちらかと言えば目立たないグループ。
アキラはクラスの中心のグループ。
アキラは学校で一番やんちゃで面白くて、最高に可愛い女の子。

二学期になって席替えをし、ハルの前がアキラになった。
アキラは目ざとくハルのノートのいたずら書きを見つけた。
アキラはハルの絵をほめてくれた。
そこから二人で帰り道にアキラがストーリーを考えてハルがマンガにする様になった。

ハルはどんどんアキラが好きになっていく自分自身を見つめる。
なんで自分は男の子に興味が無いんだろう…。
そんなある日、ハルとアキラがキスしている写メがクラスのグループラインにアップされた。
弟からサッカー部のグループラインでアップされたと知るハル。
ハルはまず両親に自分が同性愛者だという事を打ち明ける。
両親の反応は…。

【感想】
最近はLGBTを主題にした作品をよく見かけるようになりました。
この小説もそのひとつです。
出てくる人の中にはハルを受け入れられない人も描かれています。
全てがハッピーエンドではないのでその分リアルだと感じました。

ハルは強い。
自分のアイデンティティーを守るには家族や友人など周りの協力が必要であることが書かれています。
アキラとの写真が出回った後、そこから不登校になってもおかしくない状況だけど、ハルはそうしないところに強さを感じます。
私自身が自分のアイデンティティーを揺るがされるような事が起きた場合、ハルの様に一歩前に踏み出せるだろうか…。
そんなことも考えた作品でした。
児童書ではありますが大人にも読んで欲しい1冊です。

講談社
194ページ
2019年6月10日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 長谷川まりる
情報がありませんでした。

長谷川まりる ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください