小説 アルキメデスの大戦 佐野晶

LINEで送る
Pocket

「ここは末期を汚さぬことがせめてもの矜持です」by 平山

もともとこの原作は「ドラゴン桜」で有名な三田紀房氏の漫画です。
2015年からヤングマガジンで連載されています。
映画化にもなっており2019年7月26日公開です。
この小説は映画の内容となっています。

【あらすじ】
主人公の櫂直(かいただし)は幼少の頃から、物を見れば測っては手帳に数字を書き込んでいた。
父親との散歩は「計測の旅」だった。

1933年初夏。
山本五十六はこれからは空母の時代と睨んでいた。
大きな戦艦ではなく空母と艦載機とでこれからの軍事力の要は航空戦力だと自論を持っている。
部下の藤岡が空母計画案を作り上げた。
新型戦艦建造計画会議では、藤岡の空母計画案と海軍技術研究所所長の平山による大型戦艦案との一騎打ちとなっていた。

空母の藤岡案より大型戦艦案の方が見積もりが安く計算されており、このままだと平山案が通ってしまう…。
山本五十六は焦っていた。
空母案を通す作戦を練るためにいきつけの料亭に行き、女将に芸者衆を頼むと今日は全員お座敷がかかっているという。
主は帝大の学生。
その学生こそが櫂直だった。

櫂のたぐいまれな数学の知識と計算の速さを知った山本は櫂を海軍に招き平山案の正確な予算を計算するように伝える。
詳しい資料は何もない。
軍隊そのものが嫌いな櫂だが、実際に戦艦を見てその姿の美しさに惹かれ、計測を始める。
次の会議まで1週間。
櫂は平山案の大型戦艦の予算を出すことができるのか…。

【感想】
櫂が平山案の予算を出していく過程はスピーディな展開で次々とページをめくっていました。
山本五十六氏など実在した人物が登場するので櫂直も実在の人物なのか?と思うくらいリアリティはありました。
もう少し櫂のお父さんとのエピソードや平山の背景なども読みたいなと感じました。
この小説を読んだから、映画ではどんな風に表現されているのか興味を持ち予告編も見てみました。
封切り後は映画館に足を運びます。

映画「アルキメデスの大戦」予告編

講談社文庫
256ページ
2019年6月13日第1刷発行
本体価格 620円
電子書籍あり著者 佐野晶
東京都生まれ。
大学卒業後、会社勤務を経て、フリーのライターとして映画関係の著作に携わる

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください