武田双雲の「書いて」夢をかなえる本 武田双雲

「私の、存在ものものが素晴らしい」

書道家 武田双雲さんのワーク本です。
30のワークがあり、本に書き込めます。
ワークは主に自分自身を知る内容となっています。

正直に書く

ワークの中には「〇〇を10個書く」という形式もありますが、
10個ひねり出せれば良いですが、どうしても書けなければ「書けない」と書きます。
同時に、今どういう気持ちなのか?
何故書けないのか?
それも正直に思ったままに書いてみましょう。
自分の気持ちを吐き出すことでありのままの自分と、一瞬でも向き合うことになります。
それでも書けなかったら…書かなくてもOK。
無理に書くことよりも自分と向き合うことが主です。
書く内容も人に見せるものではないので、格好つけずに正直に書きましょう。

ペンを用意して新しい人生へと一歩踏み出す

ワークのお題に対して、双雲さんのアドバイス、そのワークを何故するのか?
ワークのサンプルが載っています。
各stepの最後には「おさらい」があります。

・普段何気ない日々の行動や習慣に気づき、さらに良い習慣にしていく
・自分をほめるクセをつける
・叶えたい「夢」を「貢献」までイメージして書いてみる。

【感想】
実際にこのワークを全部やってみました。
指定された個数まで書ききれないものもありました。
書き出してみると普段ルーティンで無意識にやっている事が実は「義務」でやっていて気が重くなっていたんだ…と気づきました。

新たに身につけたい習慣では1か月前に書いた内容を振り返ってみると5項目出していたことを全て毎日やっていることに驚きました。
書き出した日に「明日からやるぞ」と思ったわけではありません。
5項目は始めるまでにそれぞれ時差があります。
書き出したことで脳に残っていて、無理が無い設定で始めていました。

冒頭の言葉はラストワークの一つです。
「私の存在そのものが素晴らしい」
この言葉を紙に書くのです。
私は書いて壁に貼っています(*^^*)

何がしたいかわからない…。
自分が好きになれない…。
そんな人にこそ読んでワークに取り組んでみてください。

【目次】
はじめに
なぜ、「書く」ことで夢がかなうのでしょうか?
まずはとにかく書いてみよう ! この本を100倍楽しむ方法
この本の使い方
step1 気づく
step2 自分を知る
step3 夢を知る
総まとめ
おわりに

小学館
2014年2月4日第1刷発行
本体価格 1200円

著者 武田双雲
1975年、熊本県生まれ。
東京理科大学理工学部卒業。
書道家。
3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。
大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。
音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、 斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。
映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、 スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。
世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。 2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。
書道教室「ふたばの森」主宰。約300名の門下生に指導を行なっている。

著書
「しあわせになれる『はたらきかた』」
「ポジティブの教科書」
「イヤな気分を捨てる技術」など多数

武田双雲 公式ウエブサイト

武田双雲 公式ブログ

武田双雲 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。