チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

LINEで送る
Pocket

「物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと」

アメリカ合衆国の医学博士・心理学者であるスペンサー・ジョンソンが著した童話、ビジネス書。
日本で400万部、全世界で累計2800万部突破した名著を紹介します。

チーズを手に入れれば幸せになる

登場するのは「スニッフ」「スカリー」の二匹のネズミと「ヘム」「ホー」の二人の小人
食糧が欲しい幸せになりたいと願い、ランニングシューズを履きランニングウエアを着て毎日、迷路に出てチーズを探し回っている。

ある日チーズ・ステーションCで好みのチーズを見つけた。
毎朝、急いでステーションCに通うヘムとホー。
しばらくして二人はゆっくりと起きて歩いてチーズ・ステーションCに向かうようになる。
そこにはチーズがあって当たり前、毎日お腹いっぱい食べて家に帰る様になる。
安心しきっていた。

自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたくなる

ある日、チーズ・ステーションCのチーズが無くなっていた。
スニッフとスカリーは、チーズが段々と少なくなっていっているのに気づいていたので、二匹はすぐにチーズを探しに出かけた。
チーズ・ステーションCの状況が変わったので、自分たちも変わることにしたのだ。

ヘムとホーはいつも通りにやってきてチーズが無いことに驚く。
二人はひどい目にあわされたとわめき散らし、憂鬱になった。

翌日もまた次の日も二人はチーズ・ステーションCに向かった。
どうすれば良いか相談している間、スニッフとスカリーはチーズ・ステーションNを見つけた。

そこには、大量の新しいチーズがあった。
ホーは「出かけよう」とヘムに声をかけるがヘムは動こうとはしなかった。

変わらなければ、破滅することになる

ホーは一人で新しいチーズを求めて迷路に出た。

一歩踏み出すことが不安になり恐怖にも感じたが前に進むことにする。

進む中で今までの不安や恐怖が無くなっていることに気づくホー。
恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる。
恐怖に捕らわれていたのだと悟ったのだ。

ホーは新しいチーズを楽しんでいる自分を想像するようにした。
失ったものではなく、手に入れるものの事を考え続けた。
そしてホーはチーズ・ステーションNを見つけた。
スニッフとスカリーに挨拶をするとホーはチーズにかじりついた。
ホーはヘムを呼びに行こうと思ったが思いとどまった。
ヘムも自分で見つけようとしなければならないからだ。
ここにたどり着くまでに壁に印を書いてきた。

友人はそれをたどってやって来ると信じて…。

【感想】
短い寓話の中にとても興味深いたくさんの人生教訓が書かれていました。
話の中では「チーズ」を見つけてそれがある日無くなります。
この「チーズ」を「パートナー」「仕事」「お金」と置き換えると自分の事として捉えることができます。

自分が見つけた大切なもの(者・物)を失った時にいつまでも、そのものに固執するのか。
それとも次にむけて迷路に進んでいくのか。
あらすじのところでは割愛しましたが、ホーはチーズ・ステーションNで新しいチーズを見つけたときに、これまでのことを思い返します。
一歩進むことができたのはなぜか?
餓死するという恐怖だと気づき、自分自身を笑います。

自分が変わるには、自分の愚かさをあざ笑うこと。
そうすれば見切りをつけて前進できる…とあります。
私はなかなか自分自身を笑うことができません。
この本を読んで、次に進むためには過去に恐怖だと思っていることを笑い飛ばすことが必要なんだと知りました。

登場する二匹と二人はそれぞれの特性があります。
スニッフ…においをかぐ、~をかぎつける
スカリー…急いでいく、素早く動く
ヘム…閉じ込める、取り囲む
ホー…口ごもる、笑う
私はどちらかと言えばホーかな?
新しい提案には直ぐには乗れないけど、しばらく時間が経つと進むことができるから。

ぜひこの本を読んでみて自分は登場人物のどれにあてはまるか考えてみてください。

【目次】
ケネス・ブランチャード博士による裏話
ある集まり シカゴで
物語  チーズはどこへ消えた?
ディスカッション その夜
訳者 あとがき

扶桑社
94ページ
2000年11月30日第1刷発行
本体価格 838円
電子書籍あり

著者 スペンサー・ジョンソン
医学博士・心理学者
心臓のペースメーカー開発にもたずさわる
さまざまな大学や研究機関の顧問をつとめ
シンクタンクに参加する一方
著者活動を続けている
ハーバードビジネススクールの名誉会員著書
「1分間マネジャー」
「1分間意思決定」
「人生の贈り物」他、多数

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください