「いづみさん」 今日マチ子(マンガ)・青柳いづみ(文)

LINEで送る
Pocket

「秘密を守れない=嘘をつくのが下手な私」

本の最初には女優青柳いづみさんのポートレート。
そのあとに「声」「口紅」「窓」など24のエッセイが綴られたている。

ページの下には青柳いづみさんのエッセイ。
その上にはエッセイの文章に絡めて、今日マチ子さんのマンガが描かれている。
時にはエッセイの補足であったり、全く別の話であったり…。

本番が近づくとご飯が食べられなくなり、お風呂や本を読むことや音楽を聴くことさえもできなくなる。
本能の赴くままに行動をするので、白い衣装を着たままミネストローネを食べたり、片づけもしなくなり思考停止の状態に陥って、たくさんの人に迷惑をかける…と綴ってある。
それぐらい本番に向けて精神が集中していく様をサラッと書いているが、舞台にかける集中力が研ぎ澄まされていくのを感じる。

舞台女優、青柳いづみを知る1冊。


【感想】
今日マチ子さんのマンガが青柳いづみさんのエッセイをよりミステリアスにしています。
1ページの上段がマンガ、下段がエッセイになっていますが、マンガだけを読み後でじっくりエッセイを読むのもいいかもしれません。

私は同時並行で読みました。
実はいづみさんの心のうちをマンガで表現しているのかも…。
普通ならエッセイにまつわる写真で構成しそうですが、あえてストーリーのあるマンガにすることで、違う世界に連れて行ってくれます。

演劇を見ることが無いので、青柳いづみさんのことはこの本で知りました。
ポートレートを見る限りでは、少女の様でもあり大人の女性でもあり、いくつもの表情を持っている人…という印象です。
どんな女優さんなのか舞台上でのいづみさんを知りたいと思いました。

筑摩書房
146ページ
2019年5月14日第1刷発行
本体価格 1800円


著者 今日マチ子(マンガ)
漫画家。
1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。
4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。
戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。
2014年に手塚治虫文化賞新生賞、
2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門を受賞。
短編アニメ化された『みつあみの神様』は海外で23部門賞受賞。

著書
『センネン画報 +10years』
『もものききかじり』
『ときめきさがし』など。

著者 青柳いづみ(文)
1986年生まれ。
桜美林大学総合文化学群にて演劇を専攻。
2007年、藤田貴大率いるマームとジプシーの旗揚げに参加。
翌年、チェルフィッチュに『三月の5日間』ザルツブルグ公演から参加。
以降、両劇団を平行して活動。
2013年3月、演出家の飴屋法水と共同で短編作品『キッチンタイマー』を発表。
8月、漫画家・今日マチ子の代表作をマームとジプシーが舞台化した『cocoon』に主演。2014年3月から5月にかけて、小説家・川上未映子の書き下ろしテキストを藤田貴大演出で一人芝居として7都市8会場で発表。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください