「12歳の文学」 小学館文庫

今回は私のラジオ番組「ホンスキー倶楽部」5月12日放送で紹介した本です。

東京都 ラジオネーム 泰子さん
『12歳の文学』小学館文庫


➀ この本のおすすめどころ
小学生作家さん達が書いた小説ですが、同年代の方が読む事で、共感できる部分もあるのではないかと思いました。 
また、大人の立場で読むと、当時の自分を振り返ったり、子供の気持ちに寄り添う事が出来たりするのではないかと思いました。
小学生作家さん達が、時を経てこの本を、自分の作品を振りかえって書いた文章もあり、とても興味深かったです。

② この本との出会い
『12歳の文学』は読書メーターで、読み友さんの投稿を見て知りました。

➂ 子どもの頃の思い出
子供の頃は、交われない子だったと思います。
一緒に遊んだりしましたが、興味の対象が周囲と違う…(今もそういう部分がありますが)この本を読み、読書が大好きだった(他に楽しめる選択肢が少なかった)小学生時代を思い出しました。

父が買ってくれた『少年少女世界の名作文学全集全50巻』?だったと思いますが、これが読書が好きになったきっかけでした。
読書が好きだった当時のメリットとして、国語の成績は、漢字の書き取り以外はほぼ満点。デメリットとして、勉強はしなくても何とかなる…という、安易な考えがどこかに根付いたようで、高校時代は陸上競技に熱中し、成績は散々でしたが、ミュージシャンという仕事と、子育てから解放された後、再び本を読むようになりました。

書く事を考えるようになったのは、中学3年の時の英語の先生との出会い。
詩も書いていた先生に抱いた淡い思いが懐かしいです。
今は読書感想文しか書きませんが。
ごめんなさい、話がそれてしまいました。

【12歳の文学】

小学生限定・新人公募文学賞として二〇〇六年にスタートして以来、多くのメディアで取り上げられ注目されている「12歳の文学賞」初代受賞作・上位作品を収録した本です。
「さよなら田中さん」の著者鈴木るりかさんもこの賞の受賞者です。
なんと鈴木さんは、小学4年生から6年生まで史上初の3年連続大賞を受賞し、受賞作をまとめたデビュー作『さよなら、田中さん』には、大賞受賞作の2作も収録されています。

小学校を卒業する”12歳”を迎えられた機会に、「12歳の文学賞」自体が「卒業」というかたちで、区切りをつけたいと考えています…ということで終了しています

12歳の文学賞サイト

https://sho.jp/12sai