三本足(トリポッド)シリーズ ジョン・クリストファー

LINEで送る
Pocket

今回は5月5日に放送したラジオ番組「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。
テーマは「子ども」

京都府 ラジオネーム 京都のよっしー

ジョン・クリストファー「三本足シリーズ」 ハヤカワ文庫

① この本のオススメどころ
トリポッドと呼ばれる、三本足の巨大な機械兵器を操る異星人の襲来によって地球が征服されてから、100年ほどが経った近未来。
かつて栄華を誇った科学文明は廃れ、人々は中世に戻ったような暮らしを送っていました。

子供たちはある程度の年齢に達すると、「戴帽式(たいぼうしき)」という儀式に参加して「頭の輪(キャップ)」というメッシュ状の金具を頭皮に埋め込まれます。
これにより、何の疑問も抱かず盲目的に異星人に服従するようになってしまうのです。

そんな人類の危機的状況の中、一部の大人たちと、まだ戴帽式を迎えていない少年たちが異星人へのレジスタンスを組織して、人類を救うために立ち上がって戦うというのが大まかなストーリーです。

主人公の少年ウィルとその仲間がレジスタンスとの合流を目指して旅をする、ロードムービー的要素の濃い第一部。

選ばれし少年たちが、異星人が住む巨大なドーム型の都市へ異星人の奴隷として潜入し、過酷な環境の中で異星人の弱点を探ることを主としたスパイ活動をおこなう第二部。

そしてそのスパイ活動によって、また異星人の捕虜から得た情報と、かつての科学文明の遺産である兵器を武器に、人類が異星人との起死回生(きしかいせい)の一大決戦に挑む第三部からなる三部作のジュブナイルSFで、全体を通してはもちろんのこと、一作一作が個別でも面白く、胸を熱くさせてくれるというのがオススメどころです。

初めて読んだ当時は、ウィルと仲間たちとは同い歳とはいかないまでも、そんなに歳が離れていないこともあり、余計に引き込まれ繰り返し繰り返し読み耽りました。

② この本との出会い
小学生の頃に購読していた、学研の「学習」か「科学」のどちらかで、第一部の「鋼鉄の巨人」が紹介されていて、そのあらすじと、トリポッドの触手に捕らえられ逆さ吊りとなった少年を描いたショッキングなカバーイラストに惹かれて、親にねだって三部作を一年ほどかけて買い揃えてもらいました。

当時は学研から「鋼鉄の巨人」、「銀河系の征服者」、「もえる黄金都市」が「三本足シリーズ」として出版されていました。

それが今から15年ほど前に、異星人の襲来当時の状況を描いた新作と、既存の三部作を合わせた「トリポッドシリーズ」四部作として、ハヤカワ文庫から新訳文庫が刊行され、小学生以来20年以上の時を経て、再び買い揃えて読むことができました。
残念ながら、現在では学研版、ハヤカワ文庫版とも絶版となっており、古本屋か図書館で探すしかないようです。

③ 子どもの頃の思い出
小学一年で江戸川乱歩の「怪人二十面相」と出会って以来、今と変わらずミステリーとSFをこよなく愛するホンスキー少年でした。

読み始めた本は途中でやめることができず一気読みする子で、両親からは「あんたは本読んでたら返事もせえへん」、「あんたは、もう人が死ぬ本ばっかり読んで」と半ば呆れられつつも、少し嬉しそうに言われたものです。

スポーツでは、映画「スターウォーズ」のライトセーバーのかっこよさに憧れ、小学三年から中学まで剣道をやってました。
あと野球のリトルリーグはなかったものの、地元に少年ソフトボールのチームがあり、こちらも小学三年から六年まで「4番ファースト(つまりそこそこ打つけど守備はヘタクソ)」でやってました。


著者 ジョン・クリストファー
本名サミュエル・ヨード。
1922年イギリスのランカシャー生まれ。
少年時代は南部ハンプシャーの州都ウィンチェスターですごす。
第二次世界大戦で軍役についたあと、1949年にC・S・ヨード名義で処女長篇を出版。その後、少年時代に熱中していたSFの短篇を、ジョン・クリストファー名義で書きはじめる。
1956年に発表した『草の死』で一躍脚光を浴び、ジョン・ウインダムの後継者と高く評価される。
1960年代の半ばから子ども向けの作品を書きはじめ、カーネギー賞の候補にもなった「トリポッド」シリーズが大評判となり、児童文学作家として第二の名声を得た。
2012年永眠。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください