オバペディア 田丸雅智

LINEで送る
Pocket

「真のおばさんには、損得を越えた純粋な好奇心が必要なのだ」

【あらすじ】
おばさん…それは、噂好きでおせっかいな人種。

そこに目をつけた若者がいた。
おばさんだけが持つ情報の希少性と有用性に気づいたのだった。
・どこの店で、何が安く買えるのか
・タイムセールの時間帯
・値引きシールはいつ貼られるのか
常におばさんはインプットしている。

それだけない。
節約に関する情報や、安く作れるDIYなどにも精通。
そのうえ、個人情報を得る術にも長けている。
ご近所のことはおばさんに聞くに限るのだ。

若者は、おばさんの持つ独自情報にアクセスできるサービスを仲間と共に立ち上げた。
その名も「オバペディア」
オバペディアでは食料品の提供から生活の知恵、地域の個人情報まで網羅する。
近所の奥さんにお礼の贈り物をしたいけど何がいいのか
自分の子どもがつるんでいる子どもの情報
まさにおばさんならではなの情報だ。
直接相手に聞くと角が立つ情報もおばさんを経由することで近所付き合いも円満になる。

オバペディアの公式おばさんになるには適正な審査をパスしなければならない。
審査が通って初めて試験を受けることができるのだ。
最終関門は対人の情報収集スキルを見るテスト。
オバペディアは拡張の一途をたどっていくのだった。

【感想】
オバペディアは組織化はされていないものの
昔から「あ、それならそこの〇〇さんが詳しいわよ」と
地域の情報に詳しいおばさんが居ます。
アイデアとしては面白いので実現するのでは??

表題のオバペディア以外にも掲載されている短編には
ひょっとしたらそのサービスあるかも !!
と思わせるものがいくつもありました。

この発想はどこからくるんだろう??
と思うと同時に読後にニヤリとしてしまう話から
心が温かくなるものまであり、18の話を楽しみました。
一番好きな話は「雪解けのカクテル」です。

すきま時間で1つの話が読めるので、忙しいあなたに心の栄養として
この本をおススメします。

【目次】
1. くじ物件
2. 記憶の喫茶
3. 矢印の街
4. 十郎
5. 採集電車
6. 甘海、甘魚
7. プレミアム地方
8. 新入社員
9. 赤ちゃんエクスプレス
10.  黒い犬
11.  メリー
12. 言葉の蛇口
13. 星の申し子
14. 白い犬
15. あの日の花火
16. オバペディア
17. 雪解けのカクテル
18. バルーンケーキ

潮出版社
232ページ
2019年5月7日第1刷発行
本体価格 1300円

著者 田丸雅智
1987年、愛媛県生まれ
東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。
2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。
2012年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。
「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。
2015年からは自らが発起人となり立ちあがった「ショートショート大賞」において審査員長を務め、また、全国各地でショートショートの書き方講座を開催するなど、新世代ショートショートの旗手として幅広く活動している。


著書
『海色の壜』
『ショートショートクリニック』
『おとぎカンパニー』など。

田丸雅智 ツイッター
田丸雅智 公式サイト

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください