最後の医者は桜を見上げて君を想う 二ノ宮敦人

LINEで送る
Pocket

今回紹介するのは、ラジオホンスキー倶楽部で紹介した本です。
4月のテーマは「春」

東京都 ラジオネーム ぶるぼん

二ノ宮敦人 「最後の医者は桜を見上げて君を想う」 TO文庫
①  この本のおすすめどころ

自分の死生観を考えさせられる点がオススメです。
物語は「とある会社員の死」「とある大学生の死」「とある医者の死」の3つで構成されていますが、そのどれもが大変重い病です。

人は誰もが平等に「死」を迎えますが、3人の患者の死の過程はとてもリアルなのです。
その死へ向かっていく過程が本当に自分自身に起こってるのではないか?と錯覚しそうになるほどでした。
病気ととことん闘うか、死を受け入れ自分らしい時間を過ごすか、物語に登場する死から自分の最期をどう迎えたいかと考えさせられました。

その最期を迎えるためには今どう生きるべきかということも。
命を扱う本でとても重いですが、人生を半分過ぎたところで読めたのはとてもよかったと思います。

②  この本との出会い

本屋さんで表紙が見えるような形で置いてあった話題の本のコーナーです。
その時点でおそらく結構人気になっていた本なのだろうと推察しますが、地元のそれほど大きくもない本屋さんで山積みになっていたこと、
表紙絵の桜、散り際の桜に目が奪われたのもあって、思いもかけず手にとりました。

ちょうどその頃、桜が咲くまでもう数週間っていう時期だったのも影響があったかもしれません。

③ 春の思い出
桜を見上げてることですかね~。
春先にはあまりいい思い出がないのですが、桜は毎年とても楽しみにしてます。この本に惹かれたのも、桜を待っていた、その影響があったのかもしれませんね。

TO文庫
416ページ
2016年11月1日第1刷発行
本体価格 650円
電子書籍あり

著者 二ノ宮敦人
1985(昭和60)年東京都生れ。
一橋大学経済学部卒業。
2009(平成21)年に『!ビックリマーク』(アルファポリス)でデビュー。
ユニークな着眼と発想、周到な取材に支えられた数々の小説を世に送り出し人気を博す。

著書
『郵便配達人 花木瞳子が顧り見る』
『占い処・陽仙堂の統計科学』
『一番線に謎が到着します』
『廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門』など著書多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください