しょうがっこうがだいすき うい えがらしみちこ

LINEで送る
Pocket

「いっしょうけんめいにやろう」by うい

この本は小学校2年生のういさんが
新しく小学生になる幼稚園・保育園のお友達に書いた絵本です。

小学生になるまでにやるといいこと

・ひらがなが書けるように練習をしておく
・足し算や引き算が、できるといいよ
・叫ばないように練習しよう
・大きな声で返事ができるようになっておこう
・大きい子と触れ合う練習をしておこう

小学生になったらやるといいこと

・一生懸命にやろう
・難しいと思うことは練習しよう
・勇気を出してお友達に声をかけてみよう
・遊ぶ時は友達を誘ってあげよう
・お友達とお手紙を交換してみよう
・先生には緊張していることを伝えてみよう
・お父さんお母さんに、学校の話をしよう
・早寝早起きをがんばってみよう
・宿題をやろう
・みんなの話をきこう


一つひとつの項目には理由も書いてあります。
「ひらがなが書けるように練習しておこう」では
自分の名前が書けないと困る
文字が読めると楽しい
先生の話が楽しく聞ける
小学校にはいろいろな貼り紙がある
先生も毎日お手紙をくれる
➡ 文字が読めると小学校の生活が楽しくなる

もちろん絵本は全部ひらがなで書いてあります。

【感想】
小学生のういさんが経験した実感のこもったアドバイスが
パステル調の絵と共に書いてあります。
大人から言われると素直に聞けないことも
ちょっとお姉さんの言葉で理由が丁寧に書いてあるので
私自身が「そうか、そうだよね」と思って読みました。

この本は小学生になる前の子どもだけでなく
先生を上司、友達を同僚に変えると
社会人にも通用する内容だと思います。

ういさんの小学校を楽しんで欲しいという気持ちが
とてもよく伝わる絵本です。

学研プラス
32ページ
2019年4月23日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 うい

2010年生まれ。
三姉妹の長女。
ちょっとひょうきんで、みんなを喜ばせることが大好きな小学2年生。
自ら創作した本を人にプレゼントすることも。

卒園文集に書いた将来の夢は、「お金持ちになりたい」。
パンケーキビジネスで一攫千金を狙っている。

「当事者意識」をコンセプトに、あなたのことも私のことと考えられる子、一人称が常に「we(私たち)」になるように命名。

父親が2017年12月に「20代に伝えたい50のこと」を出版したことをきっかけに、本を書くことを思い立ち、本を書き始めました。

イラスト えがらしみちこ
1978年、福岡県生まれ。
熊本大学教育学部卒業。
『なきごえバス』でMOE絵本屋さん大賞2016パパママ賞第1位
2018年10月、静岡県三島市に絵本専門店「えほんやさん」をオープン、代表として運営に関わっている。

著書
『あめふりさんぽ』
『いろいろおてがみ』
『あのねあのね』
『あなたのことがだいすき』(原案・西原理恵子、KADOKAWA)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください