この世の春 宮部みゆき

LINEで送る
Pocket

今回の本は、4月21日放送のラジオ「ホンスキー倶楽部」で紹介しました。
リスナーさんがテーマ「春」から連想するおススメ本です。

兵庫県 ラジオネーム ゆみこ 
(宮部みゆき)「この世の春」 新潮社

① この本のおすすめどころ
理由あって婚家から戻り、兄に家督を譲った父と静かに暮らしている武家の娘の多紀。
しかし父が病で亡くなり、親しい従兄弟にどうしてもと請われて、藩主の別邸である五香苑に住み込みで勤めることになる。
五香苑は山中の小さな美しい湖のほとりに立つ館だが、そこには重臣たちによって『病、重篤につき』と藩主の座を追われて蟄居させられた若き元藩主・北見重興が、堅牢に築かれた座敷牢の中でひっそりと暮らしていた。

初めて重興に目通りした多紀が目にしたのは、外見は重興だがしぐさもしゃべり方も幼いひとりの少年だった。
聡明な若様であった重興に何が起こったのか?
重興は錯乱しているのか?
何かに取憑かれているのか?
そしてなぜ多紀がここに呼ばれたのか?
懸命に重興を救おうとする人々の手で、北見藩の過去の忌まわしいできごとが少しずつ明らかになっていく…

良かった~!上下合わせて800ページ、途中でダレることなく寸暇を惜しんで読みました。
辛い過去を持つ芯が強い美しい女性、実直な老家臣、わんぱく坊主がそのまま大人になったような若武者、怜悧(れいり)な医師、気の良い女中。
宮部さんの時代小説にはよく登場するお馴染みの人々で既視感は否めませんが、マンネリにならずに夢中で読めるのは、登場人物とストーリーに魅力があるからなんでしょうね。
やっぱり宮部さんは凄い。
辛い場面もあるけれど、人が人して、自分として生きていく尊さに胸を打たれました。
ネタバレになるので多くは語れませんが、ドキドキ、ハラハラ、ほっこり、じ~ん、大大大満足です。

② この本との出会い
宮部さんの小説は新刊が出たら必ず読むので、出会うべくして出会ったという感じですね。


③ 春の想いで
春といえば桜。
桜といえば思い浮かぶのは、今はもうない宝塚ファミリーランドの満開の桜です。
娘たちが小さかった頃は、桜の季節に毎年家族で遊びに行っていました。
動物を見て乗り物に乗って、はしゃいで走りまわる娘たちを追いかけた思い出の場所です。

新潮社
397ページ(上)
399ページ(下)
2017年8月31日第1刷発行
本体価格 1600円(上下巻とも)

著者 宮部みゆき
1960(昭和35)年、東京生れ。
1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。
1989(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。
1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。
1993年『火車』で山本周五郎賞を受賞。
1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。
1999年には『理由』で直木賞を受賞。
2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、2002年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。
2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。

著書
『ソロモンの偽証』
『英雄の書』
『悲嘆の門』
『小暮写眞館』
『荒神』
『希望荘』など多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください