金運革命CDブック 無限にお金が舞い込む「神の資本論」 清水義久

LINEで送る
Pocket

「お金は豊かさのエネルギーの象徴」

お金に関する本はたくさん出ています。
今回紹介する本は、私のメンターがおススメしていた本です。
私自身、家のローンが残っていてそのために働いています。
少しでもお金からの不安を解消するために読んでみました。

金運を上げるコツ

◆ポジティブなエネルギーを増やしていく
・プラスのエネルギー
 元気、幸せ、成功、安心
・仕事や経済活動を通して喜びや感動を増やしていく
 ➡ 目先のお金の多い少ないにとらわれない
◆商品の値段以上に価値のあるものを提供しようという思いで仕事に取り組む
◆お金を払う時に「行く先々で世界中の人を豊かにに幸せにしてまた帰ってきてね」と声をかける(心の中でもOK)
◆口座の残高の数字の末尾に勝手にゼロを加え、残高を10倍100倍に増えたとリアルに妄想し大いに喜ぶ
◆身に着けるもの
・本物の金を身につける(金貨、アクセサリー)
・財布、帽子にこだわる
・自分の稼ぎに見合わないくらい良い靴を履く
 ➡ 自分にはこの靴に相応しいゆとりとお金があると考える

お金の不安を消す方法

◆ギャンブルや投資で損をしたときのアファメーション
「神様、私は100万円分カジノの人にいいことをしました。早急に自分の手元に帰ってくるように要求します」
◆高いものを買ったときのアファメーション
「神様、ありがとうございます。今私は豊かさのエネルギーを使い(お金を支払った相手に)いいことをしました。ぜひ速やかに全額戻してください」
◆お金持ちの思考
「自分は無限の豊かさとつながっているから、いくらお金を使っても困ることはない」
◆借金があるとき
・借金はマイナスではなくプラスと思う
・「自分には借金を返す力がある」と強く信じる
・自分が借りたお金を全額、期日までに返している姿を何度も繰り返しイメージする。
 現金を鞄につめて銀行の窓口で振り込んでいる姿、細部に至るまでリアルな映像にしてイメージする
 ➡ 何度も繰り返すうちに「自分にはできる」という思いが強くなり、自分の中の不安や不幸が消えて金運が巡ってくる。

 

 

 

 

 

【感想】
お金に対する具体的な方法が載っていました。
お金はエネルギーなので、常日頃からプラスのエネルギーをチャージしていく。
目の前にあるものへの感謝や喜びです。

常に目の前にあるものには、いつの間にか「あって当たり前」と思ってしまいます。
それを痛感したのは、大阪北部地震でした。
ガスや電気といったインフラが止まってしまうと大騒ぎです。
真っ暗な街、コンビニさえも閉店してしまうという非日常を目の当たりにすると
電気が通っていること、ガスが使えることに、水が飲めることに感謝しかありませんでした。

月日が過ぎ元の生活に戻るとまた、あることが当たり前になってしまい
あの時の感謝はどこに行ってしまったのやら…。
と、いうことを気づかせてくれた本でした。

メインは金運のことですが、日々の心がけ一つで心が満たされ
プラスのエネルギーが体の中に沸き上がるのを
付属品のCDを聴くことで体感しました。

お金に不安がある人だけでなく、日々の生活に不安があるひとにおススメです。

 

 

 

 

 

 

【目次】

はじめに
第1章 「紙の資本論」から読み解く金運のしくみ
第2章 体操からイメージングまで「金運革命」の全技術
第3章 「金運革命」を実現するためのQ&A
第4章 収入5倍増、株価13倍 ! 金運革命者たちの声
今すぐ金運アップの効果を体感 ! 本書付録の使い方
おわりに

マキノ出版
143ページ
2018年7月24日第1刷発行
本体価格1600円

著者 清水義久
1962年うまれ
気功家
少年の頃、中国の歴史に興味を持ち、
気功の存在を知る。
矢山利彦氏の気功をはじめ、中国気功、レイキ
古神道を学び、実践し30年。

著書
「あなたは私、私はあなた」
「この素晴らしき『気』に世界」
「『住吉の神様』にまかせなさい」など
清水義久 公式ホームページ

清水義久 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください