そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ

LINEで送る
Pocket

「ラジオ番組 ホンスキー倶楽部 3月2日放送分より」

3月のテーマは本屋大賞ノミネート作品です。

本屋大賞とは…

売り場からベストセラーをつくる!

本が売れない時代と言われます。
書店員が、売れる本を作っていく、出版業界に新しい流れをつくる、出版業界を現場から盛り上げていけないかと考え、同賞を発案しました。
2004年から作家や有識者が選ぶのではなく、書店員が選ぶ賞。

書店員の投票だけで選ばれる賞です。

「本屋大賞」は、オンライン書店も含む新刊書の書店で働く書店員の投票で決定します。
過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。

対象作品
2017年12月1日〜2018年11月30日の間に刊行された日本の小説

 

兵庫県 ラジオネーム ぴのっちどんどん

瀬尾まいこ「そして、バトンは渡された」

みんな大好き瀬尾まいこさんの駅伝もの、
「あと少し、もうすこし」で、
その駅伝メンバーのその後のひと夏の
「君が夏を走らせる」

このタイトルをみて、絶対なにかしら続編だ!と思うのはわたしだけじゃないはず。
勝手に駅伝3部作だわ!とか思ってワクワクしながら読みました。
全然違った…よく考えたら駅伝ってバトンじゃなく襷だし。

でも、これがすごーく良かったのです(₍ˀ˟͈͈͈᷄ළ˟͈͈͈᷅ˁ₎)瀬尾さんでは1番かも。

高校三年生の優子には、父親が三人、母親が二人いる。
今は三人目の父親と二人暮らし。
もちろん血は繋がっていない。
父親のことは森宮さんと呼んでいる。37歳。若いお父さんだ。

そんなヘビーすぎる境遇ながら、優子はクールで、グレていなくて、とてもいい子だ。
森宮さんは、ちょっとズレていて、たまに利己的だけど、でも本心で父親業を楽しんでいるかんじ。

優子の回想で過去の父親、母親が出てきて、親のバトンリレーがあるたびに、優子は時に辛く、理不尽な思いもする。
でも共通しているのは、皆が優子が大好きで、手放したくないこと。

ありえない、ファンタジーだとも思う。
でも、御涙頂戴的な感じはなくて、淡々と書かれているので嫌悪感はなく、むしろいまの森宮さんとの穏やかな二人暮らしの大切な時間をいとおしむような気持ちになる。

合唱コンクールの練習が始まって、優子はピアノ伴奏をする。
中学1年から中学3年の間だけ優子は裕福な父親の元でピアノを習っていた。
ピアノと優子の関係、それと森宮さんと優子の関係。泣ける…(₍ˀ˟͈͈͈᷄ළ˟͈͈͈᷅ˁ₎)

コンクールの歌がなんと、「ひとつの朝」だった!

私が中1の頃に憧れた中3のクラスが歌っていた曲。
「今 目の前にひとつの朝 まぶしい光の洪水に 世界が沈まないうちに さあ 箱舟にのって 旅立とう」

懐かしい〜!今でも歌えるこの歌と、この本で再会出来た喜び。

森宮さんが優子にピアノを買ってあげよう、いやいらない、と押し問答の末に通帳を見せるのも私的にツボでした(カネならある!的な…)

後半はもうずっと涙。
優子の結婚。反対する森宮さん。森宮さんを大トリにして、過去の親たちに結婚の報告をしにいく優子、展開としてはありきたりなのか?いややっぱり異色だよな、と。

森宮さんと優子の会話が面白すぎて、何度も吹き出しました。笑って泣けた。

文藝春秋
376ページ
2018年2月25日第1刷発行
本体価格1600円
電子書籍あり

著者 瀬尾まいこ
1974(昭和49)年、大阪府生れ。
大谷女子大学国文科卒。
2001(平成13)年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。
2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞する。
著書
『図書館の神様』
『優しい音楽』
『温室デイズ』
『僕の明日を照らして』など多数。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

ゆめのたね放送局関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半

毎月テーマを決めて、リスナーからの本の紹介する「ホンスキーズBOOK」
私のおススメ本を紹介する「ぐーりんずBOOK」
第2週・4週は元書店員ブックコーディネーター、かーるさんがおススメする
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」
ひたすら本を紹介する番組です。

♬ 聞き方

①下の「ゆめのたね放送局」のサイトに入ります。

②関西チャンネルの ➧ ボタンをクリックすると音声が流れだします。

インターネットラジオゆめのたね放送局

ホンスキー倶楽部 視聴

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください