僕の母がルーズソックスを 朝倉宏影

「自由になりたい。重力に縛られたくない。つまんない世の中、かきまわしたい。ただ、それだけだ」by 修一

潤平は高校2年生。
高校を卒業したら海外に行く。
その夢のためにお金を貯めていた。

手っ取り早くお金を稼ぐ方法。
ネットの掲示板に女子高生として下着を売ると書き込み
待ち合わせをして客の男性に売っていた。
制服は従妹の帆乃夏に借りメイクもしてもらった。
ウィッグをつけ待ち合わせの場所に。

“僕の母がルーズソックスを 朝倉宏影” の続きを読む