ベルリンは晴れているか 深緑野分

今回はラジオ番組「ホンスキー倶楽部」2019年3月24日放送分より、リスナーさんのレビューを紹介します。

東京都 ラジオネーム ef
ベルリンは晴れているか 深緑野分  筑摩書房

圧倒的な描写力で綴る敗戦直後のベルリン

第二次世界大戦でドイツが敗戦した後、ベルリンは英、米、仏、露によって分割統治されました。
本作は、そんな敗戦直後のベルリンを舞台にした作品です。
タイトルを見て、「おや?これはルネ・クレマン監督の映画、『パリは燃えているか』を踏まえたものなのかな?」と思いましたが、さて、どうでしょうか?

主人公のアウグステは、戦争で両親を亡くした身寄りのない17歳のドイツ人少女です。
彼女は、幼い頃、英語に興味を持ち、自力で『エーミールと探偵たち』の英語版を訳して読んでいたことなどから英語ができるようになっていたため、敗戦後はアメリカ軍のカフェでウェイトレスの職を得ることができました。
そんなアウグステは、カフェで働き始めて間もない頃、突然ソビエト軍大尉のドブリギンのもとへ連行されます。
ソビエト文化部の演奏家であったドイツ人のクリストフが毒殺されたらしく、その犯人の疑いをかけられたからでした。

アウグステは、両親を亡くした後、クリストフ夫妻の家で面倒をみてもらっていた時期があり、クリストフはアウグステにとって恩人とも言える人でした。
そんな人を何故私が毒殺などしなければならないの?
アウグステに疑いがかかったのは、クリストフの妻のフレデリカが犯人の心当たりがある人間を言えと迫られ、苦し紛れにアウグステの名前を出してしまったからだということが分かります。

フレデリカは、事件の前に甥のエーリヒと思われる男性から不審な電話を受けており、このことを話したくなかったために仕方なくアウグストの名前を出してしまったというのです。
それ自体とんでもないことではあるのですが、アウグステは夫を亡くしたばかりのフレデリカを責めることはしませんでした。

ところで、何故ソビエト軍はクリストフ殺しの捜査にそんなに躍起になっているのでしょうか?
実は、クリストフはヒ素入りのアメリカ軍配給歯磨きを使って殺されたというのです。
四国分割統治下にあるベルリンで、ソビエト文化部の仕事をしている者が、アメリカ軍の物資に仕込まれた毒で殺されたとなるとかなりデリケートな状況と言わざるを得ず、政治的な意図を持ったテロとも考えられるため捨て置けないということのようなのです。

ドブリキン大尉は、ナチスの復活を企んでいる地下組織の人狼が、米ソ関係を悪化させるために仕組んだ事件ではないかと考え、エーリヒは人狼のメンバーかもしれないという疑いを抱いていたのです。
名前が出たからアウグステを尋問したものの、アウグステを疑っているわけではないと説明し、アウグステにエーリヒを探す手伝いをして欲しいと持ち掛けるのです。

アウグステは、自分のある思惑もあって、この申し出を受け入れ、エーリヒが潜伏していると思われる場所に詳しいというカフカという男を道案内につけてもらい、エーリヒ探しを始めるという展開になっていきます。
このようにミステリ的な要素もはらんだ話になっており、意表を突く結末も用意されていてその辺りも興味深いところではあるのですが、この作品の一番の魅力はミステリ的な点ではないと感じました。

ミステリとして出来を評価した場合、やや込み入った筋立てであり、ミステリ的解決部分はもう少し整理して書いて欲しい感も漂ってしまったのですが、本作の一番の魅力はそこではないと思うのです。
本作では、何といっても敗戦直後のベルリンの街、そこに生きる人々、それらの人々がそれぞれに抱えている戦時中の記憶の描写が圧倒的であり、その厚みや迫力はなかなかのものと感じました。
その点の優れた書き込みこそが本作の一番の魅力であり、読みどころではないでしょうか。
お勧めの作品です。

深緑野分 ふかみどりのわけ
1983年、神奈川県生まれ。小説家。
2010年「オーブランの少女」が第7回ミステリーズ!新人賞で佳作に入選、
2013年に同作を含む短篇集『オーブランの少女』(東京創元社)でデビュー。
2017年、第66回神奈川文化賞未来賞受賞

著書
「オーブランの少女 」
「 戦場のコックたち 」
「 分かれ道ノストラダムス 」など

深緑野分 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです

シェーラ姫の冒険(上) 村山早紀

シェーラ姫の冒険(上) 愛蔵版 村山早紀

「やってみる前からあきらめるなんて絶対いやです」byシェーラ

シェーラはシェーラザード王国の姫。
シェーラザード王国は砂漠の東の果てにある、歴史の古い大きな国。
ある日、魔法使いのサウードに国宝の「緑の鍵」を奪われ、国ごと石にされる。
シェーラは王国を元に戻すために、幼馴染の魔法使いファリードと共に旅にでる。

途中に立ち寄った街で全財産を男の子に騙し取られるが
キッズ泥棒のリーダー、ハイルがシェーラに返しに行き、ワクワクした冒険に憧れていたハイルはそのまま旅に合流する。

賢者ハーシブに会い、王国を元に戻す方法をたずねるシェーラ。
魔法使いのサウードを倒すか、「七つの鍵」を集めて封印された魔法の杖を手に入れるかのどちらかであると知る。

「七つの鍵」の所在がわかる魔法の地図と空飛ぶ魔法のじゅうたんをハーシブから渡され、鍵を求めて再び旅にでるシェーラ達。
サウードも「七つの鍵」を集めて世界の王として君臨しようと、シェーラ達の前に立ちはだかる。

サウードとの戦いで川に落ちてしまったシェーラ。
パイユイ国の王宮に助けられたシェーラは意識を取り戻しましたが記憶を失っていた。
パイユイ国の王女メイファは一年前に亡くなっており、シェーラがメイファにそっくりなので女王達はシェーラをメイファとして接しているのだった。

シェーラを見つけたファリードは、あまりにも幸せそうなシェーラを見て「このままの方がシェーラにとって良いのでは…」と思い始める。
シェーラの記憶は戻るのか?
七つの鍵の行方は?

魔法使いに国のすべてを石に代えられたシェーラザード王国の姫シェーラは元に戻すために必要な「七つの鍵」を求めて旅に出る。
ファンタジー児童文学です。
 #シェーラ姫の冒険上 
#NetGalleyJP
#村山早紀

【感想】
久しぶりに子どもむけのファンタジーを読みました。
勇気や決断力があるけど無鉄砲なシェーラ姫、そんなシェーラ姫のストッパー役でもあり思いを寄せているファリード。
ワクワクすることがしたいとシェーラ達の仲間になるハイル。
シェーラの行動にハラハラしながら読みました。
シェーラ達と敵対する関係にある魔法使いサウード。
読み進めていくうちにサウードも、なんとなく憎めないなぁ…なんて気持ちも芽生えてきました。
読むとシェーラ達と一緒に旅をしている気持ちになりますよ。

童心社 
367ページ
2019年3月18日第1刷発行
本体価格 1800円

著者 村山早紀
1963年長崎県生まれ。
「ちいさいえりちゃん」で毎日童話新人賞最優秀賞、椋鳩十児童文学賞を受賞。

著書
『桜風堂ものがたり』
『星をつなぐ手』
『百貨の魔法』
『コンビニたそがれ堂』など多数。
村山早紀 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

熱帯 森見登美彦

愛知県 ラジオネーム たけちゃん

森見登美彦 熱帯  (文藝春秋)

「汝にかかわりなきことを語るなかれしからずんば汝は好まざることを聞くならん」
この一文で始まる物語。
書くことに悩む奈良の小説家 森見登美彦は、学生時代に京都の古書店で見つけた謎の本のことを思い出す。
それは佐山尚一という人物が書いた小説『熱帯』。
半分ぐらいまで読んだ記憶はあるものの、ある朝、目が覚めると枕元から消えていた。
そして、二度と手に入らなかった。
どうやら他にも読んだことのある人はいるらしいが、誰も結末までは読めていない。
「沈黙読書会」で出会った『熱帯』を抱えた女性 白石さんによって語られ始まる物語、ここに『熱帯』の門は開く…。
『熱帯』の秘密を解き明かそうとする「学団」。
神出鬼没の古本屋台「暴夜(アラビヤ)書房」。
鍵を握る飴色のカードボックス。
部屋の中の部屋。
『熱帯』を支配する魔王。
満月の魔女。
東京、京都、はたまた満州を駆け抜け、数多の語り手の魂を受け継いで、いざ謎の源流へ…。

物語内物語内物語内物語…。

物語の入れ子構造。
物語のマトリョーシカ。
『千一夜物語』。
マジックリアリズム。
心の内へ内へと入り込みながら外へと飛び出す。
不思議さ。しかも遠く遠く。

まどろっこしいレビューで申し訳なく思う。
しかし、これはそういう物語なのだと言い訳したい。
頭で理解するのではなく、ズブズブと物語に浸っていく。物語の世界に入っていく。
そんな作品です。
そしてそんな作品が僕は好きだったりします。
モリミー最長の520ページの大作。
読みきって、ちょっと呆れる怪作です。(笑)

2019.3.24.放送
「ホンスキー倶楽部」より
リスナーさんのレビューを紹介です。
不思議な森見登美彦ワールド全開です。

#熱帯 
#森見登美彦

著者 森見登美彦
1979年、奈良県生まれ。
京都大学農学部大学院修士課程修了。
2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。
2007年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を、
2010年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞する。

著書
『四畳半神話大系』
『有頂天家族』
『有頂天家族 二代目の帰朝』
『四畳半王国見聞録』
『聖なる怠け者の冒険』
『夜行』等がある。

文藝春秋
523ページ
2018年11月16日第1刷発行
本体価格 1700円
電子書籍あり


最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

バッドビート 呉勝浩

「やられっぱなしはつまんねえよ」byタカト

舞台はとある島。
その島は過疎化が進んでいたが、日本初のカジノがやってきて
観光客やカジノ目当ての客で島は賑わうようになった。
勿論、ヤクザ、島の権力者、カジノの元締め、役所、警察と利権が渦巻く。
ヤバイ出来事は歪曲されて報道される。
真実は闇の中。

ワタルとタカトはある取引を任された。
取引場所に行くとそこには3つの死体が…。
オールバックの男とジャージの男に襲われ逃げる2人。
取引は失敗。

ワタルは兄貴分の連に連絡を取る。
相手の物が無くなりワタルとタカトは追われる身に。
連の指示を受けワタルとタカトは無実を証明するために自分たちを襲った二人は探す。

老舗のパブ「honey bunny」のオーナー魔女と呼ばれる白髪のジーナは
島で周りから一目置かれている。
ワタルはジーナにすべてを話して島の権力者、敷島とつないで欲しいと助けを乞う。

事はヤクザ、半グレ、マフィア、警察、島の権力者を巻き込んでいく。
ワタルとタカトは生きて自分たちを襲った相手を見つけられるのか?

【感想】
頭が切れるワタル、ファイターのタカトのコンビの物語です。
小賢しいワタルに天真爛漫のタカト。
かみ合わない会話にクスッと笑えます。

人生の早い段階からドロップアウトした二人が
成りあがるために必死で手持ちのコマを使って目の前の状況を打破していきます。
物語は後半に大どんでん返しが待っていて
「そうきたか~」と唸りました。

私は大阪に住んでいるので、カジノに関しては他人事ではなく
島の状況が全て当てはまるとは思いませんが
大きな金額が動くところには利権を求めて人がうごめく…。
大阪に出来るであろう日本初のカジノやその周りの環境も
似たようなものになるのだろうか?
という視点でも読んでしまいました。


講談社
362ページ
2019年3月28日第1刷発行
本体価格 1650円
電子書籍あり

著者 呉勝浩
1981年青森県生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒。
2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。
『白い衝動』で第20回大藪春彦賞受賞。
尖ったテーマをエンタメミステリに落とし込み、一気に読ませる筆力が魅力の気鋭作家。

著書
『マトリョーシカ・ブラッド』
『ロスト』
『ライオン・ブルー』など。
呉勝浩 ブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

ひと 小野寺史

今回はラジオ番組「ホンスキー倶楽部」からリスナーさんのレビューを紹介します。
テーマは「本屋大賞ノミネート作品」です。

東京都 ラジオネーム まっちゃん
「ひと」 小野寺史宜 おのでらふみのり 祥伝社

鳥取の両親を相次いで亡くした二十歳の聖輔は、大学を退学し職探しをすることに。
希望の見えない未来に光が射したのは、所持金55円でやっと買えるコロッケをひとに譲った時だった…。
聖輔の一年間が淡々と描かれる上、聖輔も大きく感情をあらわにするわけでもない。
聖輔がかつて東京で働いていた父の足跡を辿るが、そこでもドラマチックな展開があるわけではない。
良い人もたくさん登場するけど、嫌な奴もいる。
友達でさえ、良ところと悪いところを併せ持っている。

こう書くとツマらなそうなのに、実に良いのである。
それは、聖輔の性格が真っ直ぐで、礼儀正しく、潔い好青年だから、読んでいて清々しい。貧乏な生活はしていても、決してケチではなく、出す時には無理をしてでも出す。
筋をきちんと通すことが出来、その判断も若者の鏡と言って良いくらい。
「ひと」としての生き方とか、誠実さとか、優しさとか、いろんな要素が詰まっていながら、ラストページに一行だけ、、、聖輔の一年がここに凝縮されたようで、気持ちいいラストでした(^O^)

著者 小野寺史宜 おのでらふみのり
1968年、千葉県生まれ。
2006年「裏へ走り蹴り込め」で第86回オール讀物新人賞を受賞。
2008年『ROCKER』で第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞し、単行本デビュー。

著書
『ひりつく夜の音』
『リカバリー』
『それ自体が奇跡』
『本日も教官なり』
「みつばの郵便屋さん」シリーズなど多数

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。


「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 塚本亮

「すぐやる人は目の前のことに集中する」

近所にある本屋さんに行ったときに、気になっていた本です。
最近、期日が決まっている事でも、なかなか取り組めないことが続き
そんな自分が気になっていました。
著者の塚本亮氏は「群れない」を読んだことがあり
「すぐやる人」のエッセンスを得たくて読みました。

完璧を目指さず小さなアクションを積み重ねる

◆完璧を目指さない
・合格点を作り、その点数を上回ればOKと思って行動する
 → 合格点を高くしすぎないように。
◆頭の中を空っぽにする
・感じたことや考えていることを書き出す
 → アナログで書き出すと思考の整理にもなる
◆小さなアクションでもいいから行動する
・本当に考えるためには行動が必要
・考えているだけでは何も進まない
・PDCAは小さなdoから始まる
・小さなことから始めて弾みをつける
◆疲れたときに加速させる方法
・仮眠…昼休みに15分の仮眠で回復
・グリーンエクササイズ…緑や水を感じられる場所に行く
・軽めの運動…散歩やストレッチ
・軽めのシャワー

未来像を明確にして目標をたてる

◆五感で感じ取る
・目で見ただけの情報を鵜呑みにしない
・頭でわかったつもりではなく五感で感じとる
 → 五感が鋭くなりチャンスを見つけ、判断力も高まる
◆ルーティンでスイッチを入れる
・やる気スイッチになるルーティン(儀式)を持つ
 → ラグビーの五郎丸選手や野球のイチロー選手の様に。
   前向きなアファメーションを呟くなど自分に合ったものを見つける
◆食事は腹八分
・満腹になると動くのも考えるのも嫌になる
・食べ過ぎると記憶力が低下
・質にこだわった食事をする
◆目的を明確にする
・目標だけでなく目的を決める
・目標…5キロ痩せる(do)
・目的…なんのために5キロ痩せるのか(be)
◆やらないことを決める
・自分の人生をコントロールしている感覚を持つ
・迷うリスクをさけ、脳に負担をかけない
・NOという勇気を持つ
EX…テレビは放送時間には見ない(録画して見る)
   24時以降には寝ない(それまでに寝る)
       他人の陰口は言わない◆優先順位を決める
1.緊急でかつ重要
2.緊急ではあるが重要ではない
3.緊急ではないが重要
4.緊急でも重要でもない → なるべくやらない

【感想】
思考や感情、体調管理など7項目に分かれていて50項目の習慣が書いてあります。
自分に合うものを選んで、できるものから実践していくと
「すぐやる人」になっていきそうです。

よくあるのが「早起き」「腹八分」「仮眠」
身体も脳も身の回りも余白があることが大切であると読み取りました。

特にこれだと思ったのはまず「やらないことを決める」
「やらなければならないこと」いわゆるTO DOリストは作りますが
やらないことのリストは作ったことがありません。
でも、ここを決めることで余白が生まれます。

そして「今、自分にできることに集中する」です。
やらないことリストを作り、やりたい事、できる事にフォーカスしていき
さらに期限つきにする。

頭の中では「やれる自分」になってきたので、小さなことからアクションしていきます。

【目次】
はじめに
第1章 思考
第2章 自分を動かす
第3章 周囲を動かす
第4章 感情マネジメント
第5章 体調管理
第6章 時間・目標管理
第7章 行動
おわりに

明日香出版社
236ページ
2017年1月21日第1刷発行
本体価格 1400円
電子書籍あり

著者 塚本亮
1984年京都生まれ
偏差値30台、退学寸前の問題児から同志社大学経済学部を卒業。
その後、英国・ケンブリッジ大学大学院にて心理学を専攻し修士課程を修了。
帰国後、京都にて英会話スクール、ジーエルアカデミアを設立。

著書
『偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強』
『努力が勝手に続いてしまう。』
『英語、これでダメならやめちゃいな。』
『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』など

塚本亮オフィシャルブログ

塚本亮ツイッター