ギルドレ 1 有罪のコドモたち 朝霧カフカ

「重ね合わせの世界。わずかな差異が引き起こす可能性の混成。それが世界の本質だ。世界はどんなものでもありうる」by 神代

文豪ストレイドッグスを友人から借りて初めて読んだ時、「おぉ~、この本スゴイ!!」と一気読みしたのがもう1年以上前の話。
その原作者である朝霧カフカさんが書いた小説!!
これは読むしかないでしょう。

“ギルドレ 1 有罪のコドモたち 朝霧カフカ” の続きを読む