ぼくと仕事、ぼくと子ども 影山大祐

LINEで送る
Pocket

「たとえば僕が、娘にしてあげていると思っている多くのことは、実は自分自身のためだったりすることもある」

この本には著者を含めて11人の働く父親が出てくる。
それぞれ直接的もしくは間接的に子どもに関する仕事をしている。
著者は子育ての本ではなく、父親と子どもが、大人と子どもが一緒に生きていく本だと書いている。

仕事をはじめたきっかけ、仕事にかける思いが綴られている。
絵本作家のきくちさんは「絵本は、親と子どもが繋げるコミュニケーションツールのひとつだと思う」という。
子ども靴デザイナーの火神さんの作る靴はすべて革靴。
革は有害物質を含まず身体にも環境にも優しい。
それぞれが自分の仕事を通して子どもへの願いがある。
「便利な世の中だからこそ非合理的で時間のかかるものの価値がわかる人間になって欲しい」と言うのは農家の秋庭氏
プランナーの浦谷氏はインターネットやスマートフォンの存在や共働きが増えているなかで、「積極的に子どもと関わってあげないといけない」と語る。
著者もインタビューをするなかで、自分の娘との関わりを書いている。


 

 

 

 

【感想】

それぞれが仕事を通して親子の関わりとして大切なことや
自分の子どもだけでなく関わる子どもたちへの言葉にはっと気づかされることがたくさんありました。
「子どもが親に『関わってくれている』『大事にされている』と認識できるようなコミュニケーションの質やタイミングが大切」という一文に、「自分は親としてどうだっただろう?」と考えさせられました。

この本に載っている人たちの仕事への情熱も伝わってきます。 

目の前のことだけでなく、皆さんがさらに大きな目標を持って仕事に子どもに関わっているのだという事も伝わってきました。
働くお父さんへエールを送る本です。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

はじめに
子どもとつくる物語 きくちちき 絵本作家
子どもと大人が共振できる場所 齋藤紘良 保育園園長
父と子の歩き方 火神政博 子ども靴デザイナー
家族の食卓 冨田ただすけ 料理研究家
自然な人に 長谷部雅一 アウトドアプロデューサー
父と子と絵本の関係 三輪丈太郎 子どもの本専門店
家族をど真ん中に 秋庭覚 農家
子どもたちが大好きな世界を 浦谷和生 プランナー
子どもたちの故郷 佐藤善芳秋 大家
大人の背中、子どもの背中 野村亮太 ランドセル職人
あとがき

トランスビュー
224ページ
2018年2月25日第1刷発行
本体価格1800円

著者 影山大祐
1982年生まれ。
クリエイティブディレクター・デザイナー・文筆家。
デザイン事務所や広告代理店を経て2012年独立。
2014年、株式会社メアリーアンドディーンを設立。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください