生きづらいでしたか? 細川貂々

LINEで送る
Pocket

「てんてんさんのネガティブ大事にしてくださいね」

この本の紹介文に「当事者研究」という言葉がありました。
「当事者研究って何だろう?」
単純にこの言葉に惹かれたのと、コミックなのでわかりやすいのでは?
と思い読み始めました。

「当事者研究の当事者は困りごとなどを抱えた人・本人のこと」

◆統合失調症やアルコール依存症の人たちの自助活動として始まる
・仲間の力で治す語ることで回復する
・人と話し合う人こと回復のひとつのベース
・人間が本来持っている「自分で考えながら発見していく力」を取り戻す
◆弱さの情報公開
・人間とは弱さを託されたもの
・弱さの文化を大切にしていく
・人のはそれぞれ「その人なりに生きやすいかたち」がある
・自分の弱いところを受け入れて認めていくことが本来の自己肯定感
・自分らしい生きやすかたちを見つける手段

 

「誰でも自分の苦労の経験を味わう権利がある、ちゃんと人と人がぶつかりあう経験をジャマしないで見守る」

♬べてるの家
1984年、北海道浦河町で統合失調症などを抱えた
当事者の地域活動拠点として設立。
2001年から「自分の苦労を取り戻す」をテーマにひとりひとりが
日常の困りごとを仲間と一緒に語り合いながら研究
生きる知恵を生み出す「当事者研究」を始める

べてるねっと

◆三度の飯よりミーティング
・ミーティングは問題を出し合う場ではない
・お互いを理解し励まし合う場
・1か月に100回以上開催
◆弱さの情報公開
・自分の調子が悪い時に助けて欲しいと伝えるため
・自分の弱いところはどんなところか
・弱さをどうやって人に伝えるかを考える
◆人の目線や評価を気にする文化がない
・すぐに自分の言いたいことが言える

「ホワイトボードは対人間にならないための装置」

 

 

 

 

 

♬NPOそーね
2014年大阪府豊中市で始まる
「当事者研究」「そーね学術部」「ちゃぶ台カフェ」などの取り組みをとおし、ここに集った人が、自分について、自分をとりまくつながりについて、
一旦立ち止まってながめ、共に考え、研究していく。
そんな場を提供したいと考えています。
カルテのある人も、カルテのない人も、自分自身で、共に。
(NPOそーね、ホームページより引用)

NPOそーね サイト

◆ホワイトボードの活用
・発言した内容をホワイトボードに書く
・ホワイトボードを見ながら話をすると相手を客観視できる
◆人とことをわける
・「問題(こと)」と「それ(問題)を抱えてる人」に分けて「問題」を主役にする
・その場にいる人たちが問題を共有できる
・人に助けてもらうことは大事

 

 

 

 

 

 

 

【感想】

この本を読んで「当事者研究」の発端は統合失調症やアルコール依存の人だけど
今は誰にでも当てはまることであり自分も対象だと感じました。
特にべてるの家の向谷地宣明氏の言葉
「自分の弱いところを受け入れて認めていくことが本来の自己肯定感」
には共感しました。
本来自己肯定感が低くはないと思っていましたが、
実は人に助けてもらうことが苦手だったり
人に迷惑をかけてはならないと思っています。
自分の弱いところは受け入れず見ない振りを長年していました。
あぁ、私は自己肯定感が実は低かったんだ。
ちゃんと苦手なところ弱いところを受け入れないといけないんだ。
改めて苦手なことを克服するんじゃなくて
そのことを認めることにフォーカスをすることが大切なんですよね。
大きな学びを得た本でした。


 

 

 

 

 

 

【目次】

なんだか生きづらいなぁと思ってここまで来ました。
第1章 てんてんさんのネガティブ、大事にしてくださいね
     てんてん、当事者研究に出会う
第2章 当事者研究って何ですか?
     てんてん、「ぺてるの家」へ行く
第3章 当事者研究、どうやるの?
     てんてん、「NPOそーね」ヘ行く
第4章 当事者研究やってみよう
     てんてんのシアワセ研究
あとがき

平凡社
144ページ
1200円(本体価格)

著者 細川貂々
1969年埼玉県生まれ
漫画家、イラストレーター
宝塚市大使
宝塚歌劇、文楽、落語、宗教学が好き
著書
「ツレがうつになりまして」
びっくり妊娠なんとか出産」
「イグアナの嫁」など多数

細川貂々 ツイッター
細川貂々 ホームページ とかげのしっぽ
細川貂々 ブログ てん・にっき

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください