「百年の孤独」を代わりに読む 友田とん

「小説を人の代わりに読むことはできないというのは希望である。」友田とん

今回は2月17日に放送した私がパーソナリティを務めるラジオ番組
「ホンスキー倶楽部」でリスナーさんから紹介して頂いた本です。

兵庫県 ラジオネーム 冷麺マン4世

友田とん 「百年の孤独」を代わりに読む

この本のおススメどころ
まず、ラテンアメリカ文学の代表作であり、ノーベル文学賞の世界的な名作『百年の孤独』が登場します。
ああ、聞いたことある。
焼酎でしょ?そっちじゃなくて、小説?
聞いたことはあるけど、読んだことはないんだよなあ。という方。
あるいは、挑戦したものの登場人物の多さに「The 折(挫折)」した方のための本です。
何しろ作者の友田とんさんが、ドリフのコントのような軽快さと、研究者顔負けの探究心で、代わりに読んでくれるのです。
何を?『百年の孤独』を。
もちろん本家の『百年の孤独』と、あわせて読むと楽しさは倍増します。
副読本としても、大笑いエッセイとしてもオススメします。


この本との出会い
作者の友田とんさんは、ガルシア=マルケスが亡くなった2014年の春に、ふと「百年の孤独」を代わりに読もうと思いたった。
もちろん冗談として。
そして2018年に完成。
一方、20年間『百年の孤独』を読めずに「二十年の孤独」をこじらせている、人物がいた。私、「冷麺マン4世」である。
彼は、元町の古本屋「1003(センサン)」で、「『百年の孤独』を代わりに読む」を見つけ、そして、手にしたのでした。

ありがとう、友田とんさん、代わりに読んでくれて。
ありがとう、ガルシア=マルケス、強靭な面白さとしなやかさを持った作品を書いてくれて。

でも、結局は、全部自分で読んだのでした。

本が読めなくなった時の対処法があれば教えてください
読書の素晴らしさは、自分で読めることにあります。
言い換えると、自分が読みたいときに読み、読みたくないときや読めないときには、読まなくて良い、という自由さにあります。
つまり、本が読めなくなった時の対処法は、ズバリ、読まないこと。
(ボクは20年間読めなかった本を、20年後には、運命的な出会いのおかげで読めました)

友田トンさん
「『百年の孤独』を代わりに読む」の本は大手の書店では扱っていません。
ツイッターで「友田とん」さんを検索すると、扱っている書店の一覧があります。
東京なら「双子のライオン堂」「本屋B&B」
関西なら、京都「ホホホ座」奈良「とほん」など

友田とん ツイッター
友田とん note

「百年の孤独」
焼酎…宮崎県高鍋町に本社を置く酒造メーカー 株式会社黒木本店より発売されている麦焼酎銘柄です

焼酎は蒸留後にそのまま瓶詰めして出荷されます。
この「百年の孤独」はウイスキーと同様に蒸留した焼酎を熟成させ、3年もの・4年もの・5年ものをブレンドしたものを出荷しています。
なので、色は薄い琥珀色で香りもウイスキーなどの洋酒に近く、味わいは強いアルコールの中にも甘みが感じられ麦の香ばしさが広がります。
名前の由来はガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の小説『百年の孤独』からつけられています

店頭販売については特約店のみでの取り扱いです。
生産本数が少なく、高価でありながら地域によっては比較的入手しづらいです。

黒木本店 公式サイト

 

本…ガルシア=マルケスの小説
1967年に発行

ガルシア=マルケスの代表作品で、世界各国でベストセラーになり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こしました。
本作を主に、ガルシア=マルケスは1982年ノーベル文学賞を受賞し、2002年ノルウェイブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれています。

ゆめのたね放送局関西チャンネル「ホンスキー倶楽部」

インターネットラジオゆめのたね放送局関西チャンネル
毎週日曜午前11時~11時半
毎月テーマを決めて、リスナーからの本の紹介する「ホンスキーズBOOK」
私のおススメ本を紹介する「ぐーりんずBOOK」
第2週・4週は元書店員ブックコーディネーター、かーるさんがおススメする
「かおる文庫のおすすめブックコーナー」
ひたすら本を紹介する番組です。

♬ 聞き方
①下の「ゆめのたね放送局」のサイトに入ります。
②関西チャンネルの ➧ ボタンをクリックすると音声が流れだします。
インターネットラジオゆめのたね放送局

ホンスキー倶楽部 視聴

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者