にょっ記 穂村弘

「それぞれの夜の終わりにセロファンを肛門に貼る少年少女」by穂村弘

今回は2月10日(日)放送分のインターネットラジオ「ホンスキー倶楽部」で紹介した本です。

2月のテーマは
本が好きな友人に「最近、読みたいんだけど最後まで本が読めないのよね…。軽いタッチの良い本ない?」と言われました。

さて、どんな本をオススメしますか?

東京都 ラジオネーム  ブルボン

穂村弘  にょっ記 文春文庫

① この本のおススメどころ

穂村弘さんの「現実の話なのか、妄想の話なのか、どちらなんだろう?っていう曖昧なところ」がオススメです。
日記でなく「にょっ記」、「にょ」の響きも好きです。
この「にょっ記」は続編の「にょにょっ記」「にょにょにょっ記」と3冊あるのですが、どれもとても面白く穂村弘さんの文章が軽快でスラスラ読めてしまいます。
クスっと笑えるものや爆笑するものもあれば、たまに切実なものも混ざってますが、穂村弘さんの世界観を堪能できる本だと思います。
実は私が購入したものを少しの間放置していたら先に夫が読んでいて、夫がすっかりハマって3冊一気読みしてました。
難しく考えないで読めるのもいいのでしょうね。


② この本との出会い

はっきり思い出せないのですが、多分どこかのSNSで紹介されてたような気がします。
実はこの「にょっ記」を読むまで、穂村弘さん自身を知らなかったので・・・。
歌人というのはにょっ記を読んでる最中に知りました。

③ 本が読めなくなった時の対処法があれば教えてください。

ほかの趣味没頭したり、それまで興味があったけどやってみる勇気がなかったものを試してみます。
本は無理やり読むものではないと思うし、本が好きな人ならば自然と時が来れば読むようになるのではないかなと思います。
私は長い間本から離れていた時期がありますが、その間はほかの趣味に没頭してました。
ゲームでも旅行でもハンドクラフトでも、いろんなことをやっているとそれに関する本を読みたくなってきたときがあり、それが読書再開のきっかけにもなりました。
いろんなことに目を向けて経験していくと、本を読んでいるときに自分が経験したことが出てきて情景が思い浮かべやすくなったり、共感しやすくなることがあり、どんなことも無駄にならないなぁなんて思ってます。

著者 穂村弘
歌人。1962年札幌市生まれ。
1985年より短歌の創作を始める。
2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞。2017年『鳥肌が』で講談社エッセイ賞を受賞。

著書
歌集『シンジケート』『ドライ ドライ アイス』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』、詩集『求愛瞳孔反射』
エッセイ集『世界音痴』『にょっ記』『野良猫を尊敬した日』、近著に『きっとあの人は眠っているんだよ』『これから泳ぎにいきませんか』。

他に対談集、短歌入門書、評論、絵本、翻訳など著書多数。


最新歌集『水中翼船炎上中』

「ぎょう虫検査の記憶」が短歌に
それが先頭にある言葉です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者#