さざなみのよる 木皿泉

LINEで送る
Pocket

「生きとし生けるものが幸せでありますように」by笑子ばぁちゃん

小国ナスミは三姉妹の次女。
家はコンビニもどきの商店。
物語はナスミが癌の末期で亡くなるところから始まる。
享年43歳。

第2話から第14話まではナスミと関わった人たちのナスミとの話だ。
夫の日出男や姉の鷹子、笑子ばぁちゃん、妹の月美。
東京にしたころの同僚や後輩。
中学の同級生。
それぞれのエピソードで少しずつナスミの人物像が浮かび上がってくる。
ナスミはいつも真っすぐに生きていた。
真っすぐだから許せないことや我慢できないこともたくさんあった。
ぶつかることもあった。

みんなナスミの死を悲しみナスミとの日々を思い出す。
ナスミは夫の日出男に動画を残していた。
その動画でナスミは日出男に結婚すること子どもを作ることを勧めていた。
ナスミと日出男の間に子どもはいなかった。
「責任なんて感じなくていいからね」

日出男はナスミの言う通りにするのだろうか…。

 

 

 

 

 

 

 

【感想】
さらっと読めてしまいました。
主人公の死から始まり、その周りの人たちの回想で
主人公の様子が段々と浮かび上がってきます。

帯には大きな字で「泣ける本」とありますが
泣くどころか泣きそうにもなりませんでした。
肩透かしを食らった感があります。

この本を一言でいうならば
「ナスミが紡いだ縁」
真っすぐなナスミだからこそ惹かれるや影響される人がいます。
若くして亡くなったからこそかもしれません。

細かく章立てされていて、章ごとに主役も変わるので
細切れの時間でも読むことができます。
2019年本屋大賞ノミネート作品の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

本屋大賞 サイト

河出書房新社
221ページ
2018年4月30日第1刷発行
本体価格1400円
電子書籍あり

著者 木皿泉
夫婦脚本家。
テレビドラマ「すいか」で向田邦子賞受賞。
他のテレビドラマに、「野ブタ。をプロデュース」、「Q10」など。
初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、のちに自身の脚本で連続ドラマ化もされた。
ラジオドラマ、舞台脚本などでも活躍。

著書
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』
『ダンナの祖母がくれたもの』
『ほんのきもち』他、多数

さざなみの夜 特別サイト

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください