皇室女子 “鏡”としてのロイヤルファミリー 香山リカ

「多くの人にとって皇室はもはや単に畏敬すべき対象ではなく、自分をそこに写していろいろ考えさせてくれたり、自分を認めりさせてくれる対象」

2019年、4月に平成天皇が退位され5月には皇太子殿下が新しい天皇に即位されます。
一方昨年から眞子内親王の結婚問題でマスメディアが賑わっています。
ある意味、ロイヤルファミリーが身近に感じる昨今でもあります。
そんななか、香山リカ氏が語る皇室女子とはどんなものなのか
興味を持ち本書を読みました。

“皇室女子 “鏡”としてのロイヤルファミリー 香山リカ” の続きを読む