箱庭図書館 乙一

「こちら くつあと しか みえない」by近藤

雪が降り積もったお正月。
大学院生の近藤は一人アパートで迎えていた。
コンビニまで食糧を買い出しに行き
誰もいない公園のベンチで食べていると
雪をふみならす音がした。
近藤が自宅に戻ろうとして立ち上がったときに気づいた。
誰もいない公園についていなかった足跡がついている。

“箱庭図書館 乙一” の続きを読む