イニシエーション・ラブ 乾くるみ

「俺とあいつの関係は、結局はその――イニシエーションラブってやつだったんだろうな」by 鈴木

イニシエーション…ある集団や社会で、正式な成員として承認されるための儀式

裏表紙に「最後から二行目で、本書は全く違った読物に変貌する。
『必ず二回読みたくなる』と絶賛された傑作ミステリー」
と書いてあったので、どんなどんでん返しがあるのだろうかと
想像しながら読みました。

“イニシエーション・ラブ 乾くるみ” の続きを読む