バムとケロのさむいあさ 島田ゆか

「かようびのあさ めがさめると はなが つめたかった」

バムとケロは一緒にすんでいます。
ある冬の朝、裏の池が凍るくらいの寒さ。
バムとケロはスケートと釣りの道具をもって池にいきました。


 

 

 

 

バム

 

「くわっ」という音がする方に行ってみると
アヒルが池と一緒に凍っているではありませんか。
バムとケロは急いでアヒルを池から助けて
家に連れ帰り、お風呂にはいりました。

アヒルの名前はカイ
ケロは家にお友達が来て大喜び。
自分のおもちゃを全部もってきて見せてあげたり
カイが行くところにどこでもついていったり。


 

 

 

 

ケロ

 

バムが家の片づけも終えて、3人でトランプをすることに。
疲れて眠ってしまい、眼が覚めるとアヒルのカイがいない。
ケロはショックで泣きっぱなし…。
さてさて、カイはどこにいったのでしょうか。


 

 

 

 

【感想】

絵本の「バムとケロシリーズ」の3冊目の絵本です。
バムが家の用事のほとんどをします。
ケロは遊んで汚して楽しそう。

長男、長女が小さい頃に買った絵本で20年くらい前のものです。
ケロちゃんを見ると子ども達の様で愛らしいんです。
バムはケロがどろんこで帰ってきても
トイレットペーパーで体をグルグル巻きにしても
怒らず片づけます。
私とは大違い(笑)

もう子ども達は社会人になり
末っ子は中学生。
今回、久しぶりに絵本を開けると
ところどころ破れていてセロテープで修復してありました。

「あぁ、そういえば末っ子が楽しそうにこの絵本破ってたなぁ」
その時は、バムの様に怒らずに寝た後にセロテープで
ひっつけたなぁ…と思い出しました。
そんな子育ての時を思いださせてくれる大切な絵本です。

 

 

 

 

 

文渓堂
32ページ

著者 島田ゆか
東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。
食品のパッケージデザイン、書店アルバイトなどを経てフリーに。
カナダ、オンタリオ州在住。

著書
「バムとケロのにちようび」
バムとケロのそらのたび」
かばんうりのガラゴ」
「ぶーちゃんとおにいちゃん」など

絵本作家 島田ゆか のサイト、バムケロページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者