1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 デイヴィッド・S・キダー ノア・D・オッペンハイム

LINEで送る
Pocket

「イデアとは抽象的・非物質的なもので、現実世界の事物は、このイデアを模倣しているのだ」by プラトン

1日1ページでまとめられて365日分を
月 歴史
火 文学
水 視覚・芸術
木 科学
金 音楽
土 哲学
日 宗教
と分けてあり読みやすくなっています。

自分の興味のあるところだけを読むのもOK
全部読みましたが、順にページを追っていくと
月~土までは時代も紀元前や中世が続く中
急に科学で「温室効果」と出てきて現代に引き戻されるという
不思議な体験ができます。

文学では西洋の古典文学が紹介されていて
あらためて読んでみたいと思いました。
音楽で作曲家が紹介されると、YouTubeで検索して調べを聞いたり
芸術では画家の名前があるとググって絵画を確認したり
検索しながら読むと面白いですよ。

文学でジョン・ミルトンの叙事詩「失楽園」では、
日本版の「失楽園」を思い出し
「ルネサンス」と出てくれば、
「ルネッサ~ンス」のフレーズが頭で鳴り響き
科学で「超新星」と出てくるとK-POPのグループを
連想するという、かなり日本文化に毒されていることも
自覚できる本です(笑)

全体的に西洋文化が中心にまとめられているので
歴史~宗教まで西洋文化に興味がある人にはおすすめの本です。

 

 

 

 

 

 

 

文響社
384ページ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください