黄金のアウトプット術 成毛眞

LINEで送る
Pocket

「アウトプットしないでいると才能の発見が遅れる」

色々な所で「インプットしたことをアウトプットすることが大切」
と言われています。
FacebookやTwitter、Instagramなど
気軽にアウトプットできるツールも増えています。

私自身はこのブログやFacebook、Twitter、Instagramも利用しています。
より、興味を持ってもらえるようなアウトプットするのには
どんなコツがあるのか知りたくて読みました。

インプットを消化し形を変えて放出しフィードバックを得る

・30代後半より上の世代はインプットにだけ長けた人が多い。
・アウトプット慣れする
・SNSの発信が必要
・アウトプットは文章だけではない(写真、音楽)
・書いたものは翌日に修正する

スマホで読まれることを意識する

・20文字✖5行、5行書いたら1行あける
・わかりやすく誤解されない文章にする
・リズムを意識する ⇒ 例 : 五七五
・漢字の割合は3割
・熟語は使わない

レビュアーは名マーケター

・100字✖8ブロック=800字で本のレビューを書く

① 本の印象を紹介する
  面白いなら100文字で面白さを伝える
② 読者の想定
  おススメしたい人をできるだけ具体的に
③ 中味の紹介 Ⅰ
  全体感を伝える⇒歴史の本か科学の本か、書いた人はどんな人か
④ 中味の紹介 Ⅱ
  ③とは別の内容で
⑤ 具体的な中味の紹介 Ⅰ
  「引用」100文字にこだわらない
⑥ 具体的な中味の紹介 Ⅱ
  「引用」
⑦ 著者の具体的な紹介
⑧ なぜ、この本を取り上げたのか
☆①~⑧は入れ替え可能

 

 

 

 

 

【感想】

「スマホで読まれることを意識する」
というのは頭ではわかっても、なかなか20文字で
終わらせることができないなぁと思いました。

レビューの具体的な書き方は参考になります。
800文字以上で…と言われるとハードルが
高くなりますが、100文字✖8ブロックだと
書きやすくなります。

アウトプットが苦手。
やってみたけど続かない。
SNSって怖い…。
そう思っている人も多くいると思います。

文章が苦手ならInstagramで写真のアップがおススメです。
フォロワーが増えると嬉しくなります。
フォロワーを増やすためには
・自分からフォローをする
・アップを毎日欠かさずする
この2つを続けると自然と増えていきます。

まだアウトプットをしていないのなら
始めてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

はじめに
第1章 アウトプット時代の到来 
     インプットは、もう終わりだね !
第2章 書くアウトプットがいちばらんラク
     書ければ、必ずお金になる !
第3章 やるほど上手くなる ! 話すアウトプット術
     説得、プレゼン、雑談のコツ
第4章 印象を操作する「見た目」のアウトプット術
     戦略的ビジュアルのすすめ
第5章 インプットするなら「知識」ではなく「技法」
     日常に潜む優良インプット
第6章 アウトプットを極上にする対話術
     コミュ力は今からでも上げられる

ポプラ新書
203ページ

著者 成毛眞
1955年、北海道生まれ
書評サイトHONZ代表
インスパイア取締役ファウンダー
スルガ銀行社外取締役
早稲田大学ビジネススクール客員教授
元マイクロソフト社長
大人げない大人

著書
会社のつくり方 成毛流「起業心得」』
『大人げない大人になれ!』
『本棚にもルールがある』他多数

成毛眞 ツイッター

HONZ サイト

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください