テレビ探偵 小路幸也

LINEで送る
Pocket

「我儘を、許しちゃくれねぇか」by 銀さん

昭和40年代に爆発的な人気があったTV番組
「ザ・トレインズ」の土曜日の夜8時「8時だよ !! バンバンバン」
メンバーはカンスケさん、銀さん、ナベちゃん、たいそうさん、ピーさん、
そしてボーヤのチャコ。

チャコはカンスケに弟子入りに行き、ボーヤとしてザ・トレインズに携わる。
公開収録の合間にいろいろな事件が起こり
何故かみんなチャコの耳に入ってくる。
それも内容は「他言無用」

時には怪しげな黒塗りの車が連日止まっていて
トレインズのメンバーの誰かがターゲット。
チャコはタクシーの運転手にチラリと黒い手帳を見せて
「前の車を追ってくれ」と頼む。
「ようがす。任しといてください」
ついたのは、たいそうの家の前だった。
チャコはたいそうの家に行き事の次第を話すと
たいそうは思い当たる節があるようだった。
(「ハードボイルドよ永遠に」より)


 

 

 

 

 

 

昭和30年、40年代に生まれた人にはたまらない話です。
そう、設定を読んでお分かりのようにあの番組のあのグループの話です。
本の最後には「全てフィクションです」とありますが、
いや、それはあったかもしれない…と思わせるエピソードもあります。

私も幼い頃はテレビにかじりついて見ていました。
テレビの前で早口言葉を真似して言ったり
メインのコントではハラハラしたり…リアルタイムで楽しんでました。
クラスの男の子は机の上に横になり
「ちょっとだけよ~」って真似をしてたなぁ。

あの頃、土曜の夜8時にテレビにかじりついていた人たちに
読んで欲しい小説です。


 

 

 

 

 

 

【目次】

オープニング
〈スパイハンター〉殺人未遂事件
〈フラワーツインズ〉の哀歌
ハードボイルドよ永遠に
禁じられない逃避行
去りゆく友に花束を

KADOKAWA
296ページ

著者 小路幸也

北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー

著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください