もしもアンテナ ヨシダリュウタ

LINEで送る
Pocket

「読み終えたときに、世界の見え方がちょっとおもしろくなる本」(はじめに より)

4コマ漫画でもなく、絵本でもなく…
帯にはイラスト集とあります。
ストーリーのあるイラスト集でしょうか。

1コマもあれば5コマあります。
4コマ漫画にとらわれていません。

題があってイラストがある。
単純に大笑いするものもあれば
なるほど~と納得するものもあります。

その発想の柔軟さには「さすが」の一言
この本の様に「もしも…」と
あり得ないことを考えてみると面白いし
脳トレにもなるのでは!?

そういえば子どもの頃や20代前半の頃は普通に
本に書いてあるようなことを考えていたような気がします。
友人とありもしない設定で妄想を言い合って
お腹を抱えて笑ってたなぁ~。

これからも、そんなことができたらいいなぁ

 

 

 

 

 

 

 

KADOKAWA
126ページ

著者 ヨシダリュウタ
1996年大阪生まれ。
多摩美術大学在学中(2018年12月18日現在)。
「おもしろさの仕組み」をテーマに
立体物やイラストを制作する。
Twitterでは、身近にあるものをモチーフとし
“視点をずらすおもしろさ”を表現した作品を発表。
「妙に癒される」と話題になり、今作で初の書籍化。

ヨシダリュウタ ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。
グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください