スケッチブック ちばるりこ、シライシユウコ

LINEで送る
Pocket

「わたしにできることをする」by紗理奈

紗理奈は絵を描くことが大好きな小学生。
母9年前に亡くなっており、美術の教師をしている父と弟の三人家族。
5年生の時にコンクールの最優秀賞に選ばれるが
あることがきっかけで絵を描かなくなってしまう。

6年生の夏休みに祖母が住む遠野に紗理奈は行くことにした。
母の親友だった高木さんに出会い、母の学生時代の事を聞く。
母は美術部で絵を描いていたことを知る紗理奈。
それも亡くなった方が、こんな風に幸せに暮らして欲しいという
願いを込めて描く「供養絵」を描いていた。

紗理奈は母が描いた供養絵の家族に会いに行く。
少しずつ母親のことがわかってきた紗理奈は…。



 

 

 

紗理奈が行く田舎が「遠野」だというのが
ひとつポイントとなっています。
遠野は「遠野物語」にもあるように、少し不思議な空間の様な気がします。
そして「供養絵」
遠野地方には「供養絵額」という本当に
亡くなった方を絵に描いています。

私はこの本で初めて「供養絵」を知りました。
この本にも書かれていますが、大切な人を亡くした家族にとって、
この供養絵は宝物なんだと読んで感じました。

子どもでも大人でも、少し日常から離れて
自分自身を見つめなおすきっかけがある
ということが大切だという事を教えてくれる1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

一  噂
二  涙
三  出会い
四  時哉
五  スケッチブック
六  遠野
七  西清院
八  手紙
九  告白
十  卯子酉様
十一 供養絵
十二 迷い
十三 知らせ
十四 心

学研プラス
164ページ

著者 ちばるりこ
岩手県盛岡市在住。
日本福祉大学卒。
岩手児童文学の会会員。
「ふろむ」同人。
本作品で第26回小川未明文学賞大賞を受賞。

絵 シライシユウコ

イラストレーター。
挿画を担当した主な作品に『ハーモニー』(伊藤計劃・著/早川書房)
「乙女」シリーズ(折原みと・著/ポプラ社)
「名作転生」シリーズ(学研)など。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

グッドレビュアー

プロフェッショナルな読者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください