世にも奇妙な君物語 朝井リョウ

LINEで送る
Pocket

「なんか、いまいち踏み込めないんだよね。あのシェアハウス」by浩子

浩子はフリーのライター。
初めて特集記事を担当することになり居酒屋で
一人祝杯をあげていた。
友達を誘っても皆、都合が悪く祝いの酒が徐々にヤケ酒になっていった。
同じ店に居た女性が、浩子の分も支払い
自分の家に連れ帰ってくれた。

彼女の名前は真須美。
家はシェアハウスで真須美を含めて男女4人が生活している。
実は、浩子が担当する特集記事の内容はシェアハウスだった。
住人の一人、由可里が引っ越すことを知った浩子は
自分が入居することを申し出る。
潜入取材ができると踏んだのだ。

引っ越しの前日にシェアハウスの住人、良治から浩子に電話が。
入居の前に確認することがあるから急にハウスに来るように言われる。
浩子が行くと良治が一人でワインを飲んでいた。
雰囲気がおかしい…。
確認する内容もないようだ…浩子が警戒し始めたとき
TVから引っ越した由可里が殺人容疑で逮捕されたと流れ…。

シェアハウス、リア充、モンスターペアレント、ネットニュースを
題材にしていて、近未来の話や現在の話の短編集です。
ありそうな内容なのに最後のどんでん返しで「そうきたか~」と思いました。
最後の脇役バトルロワイアルは、俳優さんをあてがきしているので
ドラマ化が現実化したら、その俳優さん達でやって欲しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

第1話 シェアハウさない
第2話 リア充裁判
第3話 立て ! 金次郎
第4話 13.5文字しか集中して読めな
第5話 脇役バトルロワイアル

講談社
254ページ

著者 朝井リョウ
1989年生まれ、岐阜県出身
2009年「霧島、部活やめるってよ」で
第22回小説すばる新人賞受賞しデビュー
2013年「何者」で戦後最年少で直木賞受賞

著書
「世界地図の下書き」
「何様」
「もういちど生まれる」
「スペードの3」など多数

朝井リョウ ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください