君は月夜に光り輝く 佐野徹夜

LINEで送る
Pocket

「世界に二人きりみたいだね」byまみず

岡田卓也は高校一年生。
ある日、クラスに色紙が回ってきた。
月の光を浴びると体が淡く光る「発光病」で
入院している、渡良瀬まみずに贈る色紙だ。

 

 

 

 

担任は先生が行くよりクラスメイトの方が
喜ぶだろうと、病院まで色紙を持っていく生徒を募る。
手を挙げたのは、香山彰。

日曜日、彰から電話で呼び出された卓也。
風邪をひいて熱もあるから病院に代わりに行ってくれと言われ
しぶしぶ、病院に行く卓也。

まみずは初対面の卓也に「アーモンドクラッシュのポッキー」を
次、来るときにと頼む。
「発光病」は不治の病で治療法はない。
死と向き合うまみずは「死ぬまでにやりたいことリスト」を書いている。
卓也はそれを手伝うと言いだし、まみずの代わりにやりたいことを体験し
まみずに報告するようになる。

少しずつ打ち解けていく卓也とまみず。
ほのかな恋心がめばえはじめる。
この恋の行方は…。


久しぶりに、ティーンエイジャーのラブストーリーを読みました。
大人と違ってドロドロしていなくていいわ💕
映画になりそうなストーリー…と思っていたら
映画になるんですね(笑)

主人公の卓也の背景は複雑だからこそ
まっすぐなまみずに惹かれたのではないか…
と、思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

桜の季節と、リノリウムの温度
最初で最後の夏休み
君とロミオとジュリエット
そしてもうすぐ、春が来る
あとがき

メディアワークス文庫
315ページ

著者 佐野徹夜
小説家
第23回電撃小説大賞にて大賞を受賞し、デビュー。
受賞作『君は月夜に光り輝く』が実写映画化、2019年公開予定。

著書
『この世界にiをこめて』
『アオハル・ポイント』

佐野徹夜 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください