世界一やせるスクワット 坂詰真二

LINEで送る
Pocket

「筋トレで重要なのは、量より質」

筋トレの後、筋肉痛の間は筋肉を休めたほうがいいというのは知っていました。
私はスクワットはしているのですが、筋肉痛で間をあけるとそのままやらなくなったりして1週間のリズムが作れずにいました。

この本は間で有酸素運動やストレッチを入れて1週間のリズムが
作れるように書いてあるので参考になると思い読みました。

◆正しいフォームとスピードで余力を残した負荷で行う

 

 

 

 

 

 

 

・正しいフォームで1セット10回、がんばればあと2回できるという負荷で10回がベスト
・筋肉は休息させないと大きくならない
・3セット+インターバルで行う
◆スクワットのメリット
・メリハリのある引き締まった体になる
・姿勢が美しくなる
・血行を促進して疲労の回復が早くなる
・交換神経を刺激するので、そのあと副交感神経が優位になり質の良い睡眠に貢献する
・筋トレはアドレナリンを有効に刺激することができ、気分転換や過食の予防になる
・血行や代謝が良くなり冷え性にも効果がある

◆スクワットは週3回
・筋トレが休みの日はストレッチや有酸素運動をする
・7日間メニュー
 1日目 スクワット 
 2日目 有酸素運動
 3日目 スクワット
 4日目 ストレッチ   
 5日目 スクワット
 6日目 有酸素運動 
 7日目 ストレッチ

 スクワット 10回✖3セット
 有酸素運動 1分~✖3セット
 ストレッチ 10秒✖3セット


◆スクワット+食事制限がやせる近道
・1週目…① 水をたっぷり摂る(普段より1L以上)
・2週目…①+② 脂・糖・アルコールの量を減らす
・3週目…①+②+③ キノコ、海藻、コンニャクを摂る(カロリーダウンできる)
・4週目…①+②+③+④ タンパク質を毎食摂る


本には正しいフォームが写真つきで説明してあります。
スクワットも4種類が掲載してあり
有酸素運動やストレッチも1種類ですが写真入りで載っています。
スクワット以外にも筋トレがオプションで4種類あるので
スクワットだけでは物足りない時はオプションメニューを追加できます。

4週間のプログラムになっていて、カレンダーやチェックシートも
ついているので、買ったその日から始めることができます。

なにしろ毎日しなくてもよく、週に3回
3セット行っても5分もかからず家でできるので
手軽にかつリーズナブルに始めることができます。
何故そうするのかという解説も1項目見開きで書いてあるので
とても読みやすかったです。

さっそくスクワットから始めました。
果たして4週間後の成果は…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

前書き
PART1 坂詰式やせるスクワットの秘密
PART2 4週間プログラムと4つのルール
PART3 いよいよ実践スクワットメソッド
PART4 やせる食生活でダイエットが急加速

日本文芸社
95ページ

著者 坂詰真二
1966年、新潟県生まれ
横浜市立大学文理学卒業
スポーツ&サイエンス代表
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
横浜リゾート&スポーツ専門学校講師

著書
「世界一すごいストレッチ」
「坂詰式正しい『筋トレ』の教科書」
「20歳若返る筋トレ」他、多数

トレーナー坂詰信二 Twitter

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください