本屋な日々 青春篇 石橋毅史 

LINEで送る
Pocket

「もう販売された本にあれこれPOPを付けるより大事なことは、自分で自分の客に本を渡すラインを、どれだけつくれるか」

出版ジャーナリストの石橋毅史さんが、全国の「ここ」という書店に足を運び
直接書店員と話をした内容やイベントでの内容が綴られた一冊です。

全国展開しているチェーン店の書店が増え、
電子書籍も普及している昨今、昔ながらの小さな書店が減っています。
紙の本そのものが売れなくなってきている状況です。

そんななかでも、各地で地元に密着している
小さな書店を紹介している貴重な本でもあります。

読み始めたときは、文章から暗さが伝わってきて
最後まで読めるだろうか…と不安になりましたが
最初に紹介されていた書店が行ったことがあり
友人達の間ではちょっと有名な長谷川書店(ハセショと呼んでいます)
だったので興味を持って読みました。

この本には新刊を取り扱っている書店から古書店も載っています。
どの書店員さんも情熱を持ちながらも現状に不安もあり
このまま続けられるのだろうか…。
と、率直な思いが綴られています。

日本全国にある小さな書店の状況や書店員さんの思いも
この本から知ることができ、ここに載っている書店を訪ねる旅がしてみたいと思いました。

まずは大阪の「長谷川書店」と「本は人生のおやつです!!」に行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

i【目次】

この旅の向こう
伝える本屋
そこにある本屋
出会いの本屋
青春の本棚
いつか辿りつく場所
あとがき

株式会社トランスビュー
310ページ

著者 石橋毅史
1970年、東京都生まれ
日本大学藝術学部卒
出版社勤務を経て1998年に新文化通信社入社
出版業界専門誌「新文化」の記者、編集長を務める
2009年12月に退社、フリーランスとなる

著書
「『本屋』は死なない」
「口笛を吹きながら本を売る」
「まっ直ぐに本を売る」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください