ことぶき酒店御用聞き物語 桑島かおり

LINEで送る
Pocket

「無理とわかっていても行くのが営業だ」

石川県と福井県の県境にあるあしわら湖。
そのふもとに湖鳥温泉がある。
その温泉街の旅館に毎日、御用聞きにまわる
ことぶき酒店のミツル。

ミツルは小さい時から父に連れられて
御用聞きに回っていた。
兄が2人いるのだが、父は娘のミツルだけを連れて行った。

旅館には旅館を守る屋敷神がいる。
それが見えるのは3人の子どもの中でミツルだけだった。
御用聞きに行くと屋敷神がやってきて
その旅館のことをいろいろ話してくれる。

その湖鳥温泉にサクラリゾートのホテルがオープンすることになった。
元は20年前につぶれた「二葉亭」
屋敷神の双葉はつぶれて以来、喪服を着て泣いている。
社長の有賀は霊やスピリチュアルは大嫌い。
よってミツルにも御用聞きはせずメールで注文をする。

昔、この辺に住んでいたという女性客が
見たいという湖を探したり
若女将の悩みの相談に乗ったりとミツルは温泉街のために
今日も御用聞きにまわる。



 

 

 

ちょっとひなびた温泉街の旅館と酒屋の御用聞き
ミツルの話です。
無茶な注文にも断らずお酒を配達するミツル。
この本を読むと旅行に行って温泉に入り
美味しい地酒が飲みたくなります。

ミツルと匠の関係は上手くいくのかなぁ。
続編を期待します。

 

 

 

 

 

 

 

光文社
266ページ
2018/12/7発売

著者 桑島かおり
1987年、福井県生まれ
アミューズメントメディア総合学院ノベル ス学科卒業

著書
「口入れ屋お千恵繁盛記」
「花嫁衣裳」など

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

 #ことぶき酒店御用聞き物語
#NetGalleyJP

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください