Run ! Run ! Run! 桂望実

LINEで送る
Pocket

「もがくのは格好悪いことじゃない。立ち止まって、戻ったって構わない」

岡崎優は母と父と兄の4人家族。
父は会社を経営し母は専業主婦。
医大生の兄、翼と青山のマンションに住み
何不自由ない生活を送っている。

優は小学生の頃から走ると常に一位でゴールしてきた。
大学生の時に箱根駅伝で華の二区を走るが完走できなかった父と小学生の時から夜に2時間のトレーニングを行っている。
優が箱根駅伝を走る事が父の夢となっているのだ。

 

 

 

 

 

新設校で最先端のスポーツ科学を導入しているS大にスポーツ推薦で入学し陸上部に入った優は先輩や同級生とも全く交流を持たず一人トレーニングをする。

「陸上は個人競技だから仲間は要らない」が優の主張
「走っていて辛くなった時に仲間の声が励みになる」と言われても、その事が理解できないのだ。

周りから嫌がらせをされても意に介さないのは箱根駅伝は途中通過であり、オリンピックでマラソンに出場し金メダルを取ることが優の目標だった。
そんな中でも、同級生の岩本だけは優に憧れていつも優を庇い何かと世話を焼くのだった。

ある日、兄の翼が事故で亡くなる。
翼を溺愛していた母は少しずつ心が壊れていき翼と優の出生の秘密を漏らしてしまう。
翼と優は父と母がそれぞれ自分の望み通りの子どもを産むために体外受精をし遺伝子操作まで行なっていたのだ。

母は頭もルックスも良い男の子。
父は長距離が得意な男の子を望んだのであった。
そのことを知った優は…。

ちょっと変わった箱根駅伝小説です。
超俺様で生意気な優が少しずつ「仲間」や「友情」を知っていくサクセスストーリーか?
と、思いきや遺伝子操作⁉︎
子どもは親の道具では無いよ〜
と、あらためて思った小説です。

走るのが苦手な私はテレビでの観戦や小説を読む事で納得してしまいますが、体力を維持するためにまずは散歩の時間を作ろうかな。
いや、それより主人公の優の様に起きたら脈拍を測るのが先かも(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

プロローグ
第一章
第二章
第三章
エピローグ

文藝春秋
300頁

著者 桂望実
1965年東京都生まれ
大妻女子大学卒業
会社員、フリーターを経て
2003年「死日記」でエクスナレッジ社
「作家への道 !」優秀賞を受賞しデビュー。

著書
「県庁星」
「ボーイズ・ビー」
「総選挙ホテル」など多数

桂望実オフィシャルホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください