ファーストエンジン 未須本有生

LINEで送る
Pocket

「最大のネックがよりによってプロジェクトのトップですから」

エンジンメーカーの岩見沢原動機は
超音速エンジンプロジェクトが始動していた。
プロジェクトリーダーに本城を筆頭に
サブリーダーの城内、三宅、新人の中河が配属され
日夜、エンジンの課題を一つずつクリアしながら
勧めていた。


 

 

 

 

国産初のアフターバーナーエンジンは
最終の燃焼試験を迎える。
その試験終了間際に爆発が起き
中河が命を落とす。

責任を問われる形で本城と三宅が左遷され
プロジェクトは中止となる。
プロジェクトマネージャーの阪下は新規開発には
消極的で、これまで本城が様々な要求を上げてきても
却下してきた。
事故の原因も追究せず責任を本城に押し付ける。

本城は中河家を訪れ、父親に事故までの経過を説明し
責任を取って退職する意向を伝えるが
中河の父親はそうではなく、事故の原因を解明し
アフターバーナーエンジンを完成させて欲しい
それが息子も望むことだと懇願した。

一方城内はライバル会社からエンジンの共同研究の
話を持ち掛けられる。
城内はこれをチャンスと捉え、自己究明のとっかかりに
しようと根回しを始める。
事故解明はできるのか?
エンジンの開発は再開するのか?
エンジニアたちの闘いが始まる。

ストーリーはとても面白くお仕事小説としても
楽しめますが、著者が航空機の設計に携わってたこともあり
エンジンの詳しい説明がかなりのページを占めています。
もうここはチンプンカンプン…。
エンジン系統に詳しくない方は
説明の部分をさらっと流す程度にして本筋を読み進めないと
挫折しそうな小説です。

実はこの小説松本清張賞を受賞した「推定脅威」の
スピンオフ小説だというのが解説を読んで判明しました。
今、推定脅威を読むかどうか思案中です。

 

 

 

 

【目次】

第一章 競合開発の行方
第二章 技術者の矜持
第三章 再起への挑戦
解説 小森陽一

集英社文庫
244頁(解説を含む)

著者 未須本有生
1963年、長崎県生まれ
東京大学工学部航空学科卒業
大手メーカーで航空機の設計に携わる
2014年第21回松本清張賞受賞

著書
「推定脅威」
「リヴィジョンA」
「ドローン・スクランブル」など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください