ルビンの壺が割れた 宿野かほる

LINEで送る
Pocket

「思えば、私の人生はすべてがその時からおかしくなったのです」

水谷一馬は結婚式当日に花嫁が現れなかった過去がある。
30年を経てFacebookでかつての花嫁、未帆子を見つけ
メッセンジャーでメッセージを送る。
2年で3通のメッセージを送っても未帆子からの返信は無かった。
ある日、未帆子からのメッセージが届き
二人のやりとりが始まる。


 

 

 

 

水谷は両親が事故で亡くなり叔父に引き取られたことや
大学の演劇部で未帆子と知り合った頃からのことを
綴っていく。
未帆子も当時を懐かしく振り返り、二人の交流は続く。
2人が知り合った当時、水谷には婚約者がいた。
引き取ってくれた叔父の娘、優子だ。
メッセージのやりとりは二人のお互いの知らない事にも
触れることになっていく。
何故、未帆子は結婚式当日現れなかったのか。
そこには衝撃の事実が…。


話はメッセージのやりとりのみで構成されています。
それは湊かなえさんの往復書簡の様です。
読み進めるうちに水谷、未帆子のそれぞれの過去が
鮮明になっていきます。
読んでいるうちに不快感がこみあげてきました。
最後の頁の一行は強烈で読み終わった後
呆然としました。

何故、水谷は未帆子にメッセージを送ろうとしたのだろう?
人生の方向を変えさせられた復讐だったのだろうか…。
そもそもFacebookを始めた理由は
未帆子を探すためだったのではないだろうか、
と思うと怖くなってきました。
この本を読んで「やっぱりFacebookってこわいわ」
と思う人が少なからずいるのではないかと思いました。

私もFacebookを利用していますが
本好きの友達がたくさんできました。
ネット上の友達だったのが、オフ会に参加して
リアルにも友達にもなり、北海道から九州まで
旅行を兼ねて友達に会いに行くようになりました。
本好きのグループに所属し、他の人たちの書評を読むことで
今まで興味を持たなかった種類の本…
恋愛小説やラノベ、時代小説も読むようになりました。
私の読書の幅を広げ、こうやってブログに書評を綴る様に
なったのもFacebookを通じて本の友達ができたからです。

とはいえ、主人公の様に過去の友人を見つけたことはないので
同じ様に急にメッセージがやってきたら…。
今はプロフィール写真も顔出しして名前も本名を漢字で
公表していますが、アカウントを変えるかもしれません。
そんなことを考えさせられた1冊でした。

 

 

 

 

新潮社
156頁

著者 宿野かほる
覆面作家

著書
「はるか」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください