ビブリア古書堂の事件手帖 三上延

LINEで送る
Pocket

「あの無愛想な店主ではなく、小柄な若い女性のようだった」

五浦大輔は幼いころのトラウマで本を読むことができない。
そんな大輔が電車を待っているときに
古書店から若い女性が出てきて釘付けになった。
その書店の名は「ビブリア古書堂」


 

 

 

 

店主の篠川栞子は普段は人との会話が苦手だが
本の話になると別人の様になり
話だけでいろいろと推察し問題を推理していく。

大輔の祖母が亡くなり遺品の本を整理していると
夏目漱石全集に夏目漱石のサインがある本を見つける。
本の鑑定をするためにビブリア古書堂に行くが
栞子は入院中。

入院先に本を持っていくのが縁となり
大輔は栞子の代わりにビブリア古書堂で
働くことになる。
栞子が入院することになったのは
ある本がけっかけだった…。

1冊の本が元になり1つの話になっています。
古書に関する知識も話に取り込まれていて
著者の三上さんは古書も含めて本が好きなんだな
と感じさせます。

ブックオフと違って個人の方が経営する古書店は
その店によって扱う本が異なり特色があります。
お店の中も静かで掘り出し物を見つけたときは
心の中でガッツポーズを取ってしまいます。

私の住んでいる町にも何店舗か古書店があったのですが
閉店してしまい、ブックオフや天牛書店の様な
チェーン店しかありません。
電車に10分ほど揺られると私の大好きな
天神橋筋商店街があり、そこには何店舗かまだ
個人の古書店があるのでたまに出かけます。

所狭しと本が無造作につまれていて触ると崩れそうな店
ジャニーズのグッズを取り扱っている店
コミックが充実している店など
お店によって品揃えが違うのであっという間に
時間が経ってしまいます。

新刊の本や図書館で本を選ぶのも好きですが
味のある古書店で本を選ぶのもまた違った味わいがあります。


 

 

 

【目次】

プロローグ
第一話 夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)
第二話 小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」(新潮文庫)
第三話 ヴィノグラードフ・クジミン「倫理学入門」(青木文庫)
第四話 太宰治「晩年」(砂子屋書房)
エピローグ

メディアワークス文庫
307頁

著者 三上延
1971年神奈川県生まれ
電撃文庫「ダーク・バイオレッツ」にてデビュー
ホラーからファンタジーまで幅広い作風で
縦横に活躍中。
丁寧に紡がれる物語には根強いファンが多い。

著書
「ビブリア古書堂シリーズ」
「天空のアルカミレス」
「シャドウテイカー」
など

三上延ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください