花咲小路四丁目の聖人  小路幸也

LINEで送る
Pocket

「奴ら、本気出してきやがった。先手を打ってきやがったんだ」

花咲小路四丁目に住んでいる亜弥には秘密がある。
イギリス人の父親、聖人が実は泥棒なのだ。
普通の泥棒ではなく本国イギリスでは
「最後の泥棒紳士”セイント”」と呼ばれている。
今は引退しているが、当時は英国中の美術品や
金品を上流階級から盗みまくり、
決して捕まらなかった世紀の大泥棒だった。

 

 

 

 

 

花咲小路には商店街があるが
毎年廃業する人がいてさびれつつある。
毎月、亜弥が経営する塾の集まって
話をするがこれといって良い案が浮かばず
お開きとなる。

亜弥には幼馴染の北斗や克己が居て
共に商店街の店を継いでいる。
たまに顔を合わすのだが、
あるとき不穏な噂を耳にする。

商店街の「南龍」のマスターが浮気をしているという。
「佐藤薬局」の奥さんがホストクラブに入れあげている。
そして「大学前書店」の娘、美波の不倫。
南龍のマスターの子ども、佐藤薬局の子ども、大学前書店の美波の妹
どの子も亜弥の塾に通っている。
単なる偶然なのか?

聖人、克己、北斗、亜弥が真相追及に動くと
そこには海外資本「マッシュグループ」の総帥が
絡んでいた。
マッシュグループの狙いは何なのか?
亜弥たちは商店街を守ることができるのか?

先日の「花咲小路一丁目の刑事」と同じシリーズです。
と、いうかこの小説がシリーズ第一作目となります。
怪盗ルパンを彷彿とさせる「セイント」さんが
ステキな役回りをしています。
70歳とは思えません。
表紙に商店街のイラストがあるのですが
なんとなく天神橋筋商店街を彷彿とさせます。

今、住んでいる所も近所に小さいながら商店街が
ありましたがつぶれてしまいました。
お肉屋さんが揚げるコロッケが美味しくて
仕事帰りによく買ってその場で食べていました。
長男の机もその商店街で購入。
懐かしいなぁ。

あちこちで商店街がつぶれようとしています。
スーパーは買い物に便利かもしれませんが
個人商店ならではの良さもあります。

10代の頃によく行っていた市場では
「おっちゃん、今日5人で鍋するんやけど
野菜はどれくらいの量がいいの?」
と予算を伝えると、見繕ってくれて
おまけまでしてくれたのを今でも覚えています。
そんな懐かしいことも思い出させてくれた一冊でした。

 

 

 

 

ポプラ社

317頁

著者 小路幸也
北海道生まれ
広告制作会社を経て、執筆活動へ。
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で
第29回メフィスト賞を受賞して作家デビュー

著書
「東京バンドワゴン」シリーズ
「カレンダーボーイ」
「COW HOUSE」
「花咲小路四丁目の聖人」など多数

小路幸也 ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください