「き・く・あ」の実践 小林正観

LINEで送る
Pocket

「人は、何歳になっても、どんな立場でも、きっと誰かにほめられたくて生きているのです」

この本はタイトルの「『き・く・あ』の実践」に惹かれて読みました。
「き・く・あ」って何??
副題に「今すぐ幸せになれる方法」も気になるところです。

幸せって??

 

 

 

 

☆天国度100パーセントとはよき仲間に囲まれること
 本当の幸せとは人の間で生きて
 友達や周りの人が温かくて愛情に満ちていて
 自分に対して本当に愛情だけで
 接してくれる状態です。

☆「どこへ」「何を」ではなく「誰と」が大切
 40歳を過ぎたら「どこへ行くか」ではなく「誰と行くか」
 「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」
 「何をしゃべるか」ではなく「誰としゃべるか」
 に切り替えていきましょう。
 自分が一緒にいて幸せと思える、そんな人間関係の人
 4、5人で一緒に旅をすると田んぼのあぜ道でおにぎりを
 食べるだけでも幸せです。

☆どんな状況や環境でも本人が「幸せ」を感じていればそれが「幸せ」
 その人自身の「心」が幸せ・不幸せを決めています。

☆「幸」と「不幸」は一つの時計の振り子
 不幸を知ってこそ幸せを感じます。
 例えば、風邪をひいて何もノドが通らずに寝込んでしまったときに
 少し元気になって食べるおかゆの美味しさです。
 普段元気な時は、おかゆでは物足りなくても
 食べることができない状態(不幸な状態)が続き
 やっと食べることができたときに口に入れたおかゆは
 とても美味しく、また健康であることの
 ありがたさを感じる一瞬です。

☆「今」目の前に存在する一つひとつのことを大事にし、一人ひとりを大事にする
 「念」を入れる
 →「念」は「今の心」と書きます。
 過ぎてしまった過去にクヨクヨせず、
 まだ起きていない未来の現象に心配せず
 最も大事なのは「今」この瞬間です。

時間に追われる生活をしていると
今の瞬間を丁寧に心で念じて
一つひとつに取り組んでいく。
簡単なようで、意識をしないとできません。

四六時中、念を入れるのは難しいので
まずはご飯を作るときに
念を入れる=食べてくれる家族の顔を思い浮かべて
気持ちを込めて作ろうと思います。

あなたは、どの場面に「念」を入れますか?

「き・く・あ」の実践とは

 

 

 

 

「き」=競わない
「く」=比べない
「あ」=争わない

簡単そうに見えて実は難しい「き・く・あ」の実践
普段何気なく過ごしていると、気がつかないうちに
人と競い、比べていませんか?
学校の勉強も仕事も、自分軸ではなく
誰かと、何かと比べて目標を設定してしまっていることが
往々にしてあります。
選んだ結果をすべて受け入れられる人にとってのみ
人生は楽しく展開します。

気が付くと人と比べて嫉妬したり、イライラしたり
している自分に気が付くときがあります。
そんな時には友人が教えてくれた言葉
「比べるのなら昨日(過去)の自分」
を思い出し、羨んだり妬んだりしないように
なりたいです。

 

 

【目次】

 

プロローグ
第1章 人生とは”刹那”を生きること
第2章 謙虚な人が宇宙に好かれる
第3章 「過去寄せて」自由に生きる
第4章 楽しいうれしい「き・く・あ」の実践
第5章 ほめてよく効く言葉の薬
第6章 喜びのある場所に神さまはやってくる
第7章 今、目の前の幸せに気づく
エピローグ 「どうして?」よりも「どう生きるか」

サンマーク出版
199頁

著者 小林正観
1948年東京都生まれ。
中央大学法学部卒
学生時代から人間の存在能力やESP現象
超常現象などに興味を抱き
独自の研究を続ける
心理学博士、教育学博士
社会学博士
著者
「神さまが教えてくれた幸福論」

「この世の悩みがゼロになる」他多数

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください