日日是好日 森下典子

「決まりごとを離れたとっさのアドリブこそが、人としての実力の見せどころなのだ」

森下典子さんのエッセイです。
副題に「『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」とあるように
森下さん自身が二十歳から習い始めた
茶道の二十五年間を綴ったものです。


 

 

 

先生との関係や二十歳のころからの
疑問に思ったことや習った一つひとつを
丁寧に描いています。

森下さん自身はまず「お茶の心得」を
学ぶところから始まるのでは…
と思っていましたが、実際は
帛紗(ふくさ)の使い方でした。

只々、お茶のたてかた…お点前の作法を習うだけ。
森下さんは「なぜ、手首をくるりとやるんですか?」
「なんで?」と動作の意味を先生に尋ねますが
先生は「意味なんかわからなくても、そうするの」
というだけです。

学校教育では「わからないことはその都度、わかるまで聞きなさい」
と言われてきたのに、ここでは
「わけなんか、どうでもいいから、とにかくこうするの。
お茶ってそういうものなの」
森下さんは戸惑います。

このことを理解するのに十年以上の月日を要するのでした。
「先生は、私たちの内面が成長して、自分で気づき、
発見するようになるのを、根気よくじっと待っているのだった」

学校とお茶との違いも書かれています。
「学校もお茶も、目指しているのは人の成長だ。
けれど、一つ、大きくちがう。
それは、学校はいつも『他人』と比べ、
お茶は『きのうまでの自分』と比べることだった」

「個性を重んじる学校教育の中に、
人を競争に追い立てる制約と不自由があり、
厳格な約束事に縛られた窮屈な茶道の中に、
個人のあるがままを受け入れる大きな自由がある」

掛け軸や美しい和菓子、床の間に飾られる今朝つんだばかりの花
茶碗や道具など、どれ一つとってもそこに季節があり
その日のテーマと調和がある。
それがお茶のもてなし。

季節のサイクルに沿った日本人の
暮らしの美学と哲学を、自分の体に経験させながら
知ること…。

森下さん自身の生活の変化とお茶のお稽古の関わりなども
書かれています。

私自身、お茶を習ったことが無いので
このエッセイを読むことで
若き日の森下さんと一緒にお茶のお勉強をしているようでした。

「心を入れる」
「自分と人と比べない」
「今の気持ちを集中させる」
「学びとは自分を育てること」

お茶を通して自分と向き合う時間を作ることの
大切さをこの本から学びました。

 

 

 

 

【目次】

まえがき
序 章  茶人という生きもの
第一章  「自分は何も知らない」ということを知る
第二章  頭で考えようとしないこと
第三章  「今」に気持ちを集中すること
第四章  見て感じること
第五章  たくさんの「本物」を見ること
第六章  季節を味わうこと
第七章  五感で自然とつながること
第八章  今、ここにいること
第九章  自然に身を任せ、時を過ごすこと
第十章  このままでよい、ということ
第十一章 別れは必ずやってくること
第十二章 自分の内側に耳をすますこと
第十三章 雨の日は、雨を聴くこと
第十四章 成長を待つこと
第十五章 長い目で今を生きること
あとがき
文庫本あとがき
解説   柳家小三治

 

新潮文庫
252頁
著者 森下典子
1956年、神奈川県横浜市生まれ
日本女子大学文学部国文科卒業
大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム
「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。
著書
「典奴どすえ」
「典奴ペルシャ湾を往く」
「ひとり旅の途中」など

「スゴい ! ひと言」大全 齋藤勇

「あいづちにおいては、同意が基本になる」

本のタイトルになっている「スゴい ! ひと言」とは
あいづちのことです。
人との会話のときに、黙って聞くのとあいづちを入れながら
聞くのとでは、会話が続くだけでなく
相手との関係も劇的に変わってきます。

この本はそのあいづちを分類しまとめたものです。
普段何気なくつかっている
「ふ~ん」や「やばい」から
相手を思いやる「気を使わせて、すみません」まで
100個のあいづちの使い方、誰にむけて使うのが効果的なのか
類語やポイントまで載っています。

“「スゴい ! ひと言」大全 齋藤勇” の続きを読む

一瞬の風になれ3 佐藤多佳子

「人生は、世界はリレーそのものだな。バトンを渡して、人とつながっていける」

春野台高校陸上部の神谷新二は3年生になり
高校生最後の競技生活に入った。
昨年に引き続き中学で成績を残した1年生が入ってきた。

1年生の頃には体力が無くてすぐにバテていた
一ノ瀬連が地道な努力の結果
バテずに1日のレース展開まで考えて走るようになった。

4継(100m✖4リレー)は根岸の代わりに1年生の鍵山が
1走になった。
その鍵山が県の記録大会で肉離れを起こす。
全治6週間。
鍵山が復帰するまで根岸がカムバックする。


 

 

 

 

思った以上に4継がバトンワークもアンダーハンドパスに
変えてタイムも上がりチームワークも良く
インターハイ予選の地区大会、県大会を勝ち進み
いよいよ南関東大会に。
鍵山が怪我から復帰したが今年はこの4人
(桃内、一ノ瀬、神山、根岸)がいいのではと思い始める新二。

一ノ瀬と桃内に相談すると同意されるが
根岸が断固として反対した。
「俺はこのチームが総体をで優勝することを信じている。
俺が入ったら、それは無理だ。でも、鍵山が完全にフィットしたら
可能性がある。おまえら、誰も、そういう夢を見ねえのか?」

南関東大会がやってきた。
新二と連は100m走、4継に出る。
予選で2着までに入れば決勝に出ることができる。
バトンワークが上手くいかず結果は3位に。
後はタイムで上位2チームに入ることを祈るばかり。
春野台高校は決勝に進むことができるのか…。

1巻から続けて読んできましたが
新二と連の精神的な成長ぶりが凄い !!
2巻目の後半で新二はどうなるんだろうと
ハラハラしたのも束の間。
仲間の支えでちゃんと戻ってこれた。
読んでいて青春っていいなぁ…としみじみ思った。

私自身は中学生の時にソフトボール部に入っていて
朝練や先生につてで高校にお邪魔して
一緒に練習させてもらったり
当時は真夏でも「水は飲むな」と言われていて
顔を洗うふりをして水道水を隠れて飲んだりしていたのを
思い出しました。
その時のチームメイトと会うことは無いけれど
ソフトボールは子どもが生まれてから再開し
3年前までチームに入ってプレーをしていました。
中学や高校でやっていた部活って
大人になってもなにがしか影響があったり
プレーを続けたりするんだと
今、振り返って思います。

これで最終巻になるんだけど
続きが読みたいと思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】

第一章 エネルギー・ゼロまで
第二章 問題児
第三章 それぞれの挑戦
第四章 アンダーハンド・パス
第五章 光る走路
終章

講談社
383頁

著者 佐藤多佳子
1962年東京都生まれ
1989年「サマータイム」で月刊MOA童話大賞を
受賞しデビュー
1998年、日本児童文学者協会賞
1999年、路傍の石文学賞を受賞
著書
「しゃべれどもしゃべれども」
「神様がくれた指」
「黄色い目の魚」など

 

佐藤多佳子ツイッター

ホメ術入門 友利昴

「共感は最も簡単で確実なホメ言葉」

「ホメる」って簡単なようで意外と難しいですよね。
ホメているつもりが、なぜか相手を不機嫌にさせている
ということもあります。

私は友人に「ほめワーク」を教えてもらいました。
2人1組になって相手のことを1分間ホメ続けるのです。
ホメられる方は「ありがとう」しか言ってはいけません。

職場でも何度かこの「ほめワーク」をやった時には
必ず笑顔と笑い声が響き、良い雰囲気になりました。
今回はホメる技術を学ぼうと、この本を選びました。

“ホメ術入門 友利昴” の続きを読む

一瞬の風になれ 2  佐藤多佳子

「努力したぶん、きっちり結果が出るわけじゃない。だけど、努力しなかったら、まったく結果は出ない」

春日台高校陸上部の神谷新二は2年生になった。
新二と一ノ瀬連の活躍で中学時代も陸上で活躍していた
1年生が入ってきた。


 

 

 

インターハイ予選で100m、新二はライバルの高梨を抜いて
1位でゴール。
雨の中自己ベストを更新するが、決勝ではガチガチになってしまいドンケツ。

4継(100m✖4)リレー
メンバーは1走に1年の桃内、2走は連、3走は3年でキャプテンの守屋
4走は新二。
予選はバトンワークが上手くいかず6位通過。
決勝は予選の反省を活かして3位。
これで南関東大会に行ける、と思ったのも束の間
連が左太ももの裏側、ハムストリングスの肉離れを起こして
全治1か月の診断が下った。

連の代わりに根岸が4継のメンバーとなる。
南関東大会での予選は練習よりタイムを縮めたが
5位…予選落ちだった。
大会が終わり部長の守屋から新二は呼び出され
次の部長を託される。

顧問のみっちゃんこと三輪先生の
自宅を訪れた新二は次年度…最終年に向けての
自主トレのメニューを組んで欲しいと願い出る。
新人戦の100m、追い風で参考記録となったが
新二は10秒台をたたき出した。

同じ日に新二の兄でプロのサッカー選手の健一が
車の事故で病院に運ばれた。
試合後、チームジャージのまま直接病院に駆け付けた新二に健一は
「そんな恰好で病院に来るなっ。帰れ !」
と怒鳴られる。
兄の初めてみる姿だった。
ショックを受けた新二は部活にも顔を出さなくなる。
このまま新二は陸上部を辞めてしまうのか…。

前作はサッカー一辺倒だった新二が幼なじみの連に憧れ
陸上部に入り試合や合宿と青春まっしぐらでした。
今回はその新二の100mと4継の様子他校のライバル達とのやり取りが
前半に書かれています。
後半は小さい頃から憧れの兄健一が事故に遭い
見舞いに行きますが、拒絶され落ち込み部活にも
顔を出さなくなります。

よくあるパターンなんですが
読んでいてふと疑問が湧きおこりました。
「健一はいつ運転免許を取ったのか?」
高校はサッカーの名門校でサッカー漬け
卒業前からジュビロ磐田の練習に行きだしていた健一。
合宿免許はもちろん無理だし、
どこにそんな時間があったの???
せめて原付に乗っていての事故のほうが
現実味があるのでは…と思ってしまいました。

あらすじには書きませんでしたが
同じ部の谷口さんとの関係もちょっといい感じ。
部内恋愛禁止の陸上部だけど
成就してほしいなぁ。

いろいろな期待を込めて3巻に突入します。

 

 

 

 

【目次】

第一章 オフ・シーズン
第二章 先輩、後輩
第三章 届かない星
第四章 幻の10秒台
第五章 アスリートの命

講談社
272頁

著者 佐藤多佳子
1962年東京都生まれ
1989年「サマータイム」で月刊MOA童話大賞を
受賞しデビュー
1998年、日本児童文学者協会賞
1999年、路傍の石文学賞を受賞
著書
「しゃべれどもしゃべれども」
「神様がくれた指」
「黄色い目の魚」など

佐藤多佳子ツイッター

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

「頭のいい人」はシンプルに生きる ウエイン・W・ダイアー

「成功は旅であり目的地ではない」

「ザ・シフト」といあDVDを友人から紹介され
そこで著者のダイアー博士を知りました。
アクシデントが起きても穏やかな笑顔を絶やさない
ダイアー博士がとてもステキで
「ザ・シフト」は本も購入しました。

そのダイアー博士の著書を見つけて
手に取りました。

シンプルに生きる

☆気が進まないことを無理にしない
 ・罪悪感を持ったり、付き合いで行動しない
  気が進まないのに誘われて行ったものの楽しめなかった…
  そんなことはありませんか?
  無理につき合わずに断ってもOKです。
 ・自分の行動について謝るのをやめる
  謝罪は「責任は全部自分がとります」と言っているようなものです。
  いつも「すみません」と言っていると犠牲になる習慣がついてしまいます。
  つい口癖で「すみません」を言っていませんか?
 ・プライバシーを大切にするのをためらわない
  公表しない方がいいことは公にしないでおきましょう。
  「ここだけの話なんだけど…」って言っていませんか?
 ・ときには「成り行き」にまかせてみる
  行為やその動機の全てについて、ああだ、こうだと無理してでも
  解釈しようとは思わないでおきましょう。

☆自然体でいる
 自分にとって自然な行動をとりましょう。
 考えなくても勝手に体が動く…車の運転の様な感じです。
 無意識に体が動く状態を保つためには「集中力」を養うことが必要です。
 集中力とは思考や理論だてたりするのではなく瞑想に近いものです。

毎日を一番ポジティブな自分で生きる

 

 

 

 

☆現実の中に見過ごしてきた「宝物」を探す
 日を決めて現実をゆっくり鑑賞してみましょう。
 普段見過ごしているいることが多いことに気づくでしょう。

☆怒ることより「解決」にエネルギーを注ぐ
 現実の様々な事柄で不機嫌になる代わりに行動を起こす人になっていきます。

☆「自分の好きなもの」をマイペースで楽しむ
 それは人生の一瞬一瞬を楽しむことに通じます。

☆どんなときでも「今」「ここ」を楽しむ
 あなたが居る場所は常にあなた自身が決定しています。
 自分が選んだ場所なのだから、意にそわないとしても
 クリエイティブで活気をみなぎらせる機会を作る様に
 心がけることが大切です。

☆「変わること」を恐れない
 人生はいくつもの体験の連続だと考えましょう。
 人生は永遠に変化していくものなので、自分自身で操作が可能です。
 これまでの古い生き方に固執せず、新しい生き方を求めましょう。

人は自分がなりたいと思っているものになれる

「自分で選択したことは何でもできる」という確信と
信頼を表明しましょう。
次に自分がなりたいと思う人物を、自分の中に描いてみることから始めます。
つまずいても落胆する必要はありません。
失敗もまた勉強なので恐れずに自分自身に期待をして
自分の中にある素晴らしい才能を開花させましょう。


私はこれまで「断る」ことが苦手で誘われると
「付き合いもまた大切」と思って断らずに参加していました。
いろいろな自己啓発の本を読むようになり
「断る」こと大切さが書いてあり、ごくごく最近ですが
気持ちが乗らない事に「断って」みました。

断わることでその人との関係が壊れるのでは…
と危惧していたのですが、そんなことは全くなく
初めて私は「断っても大丈夫なんだ」と実感したのです。

それからは気がのらない事には断ることができ
気持ちも軽くなりました。
この本に書いてあった
「すべての人」に理解してもらう必要はない
この言葉が心に沁みました。


 

 

 

【目次】

訳者のことば 渡部昇一
1 「いい人生」を生きるための約束事
2 簡単にできる「心の鍛え方」
3 無駄なエネルギーは使わない
4 「自分は自分」と賢く割り切る
5 もっと「動ける人」になる
6 生きるのが断然ラクになる「現実」とのつき合い方
7 人生で成功する人の「いい習慣」

三笠書房 
285頁

著者 ウエイン・W・ダイアー
1940年ー2015年
心理学博士
マズローの「自己実現」の心理学をさらに発展させた
「個人」の生き方重視の意識革命を提唱
著書
「『小さな自分』で一生を終わるな !」
「『自分の価値』を高める力」

「ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ」など


訳者 渡部昇一
1930年ー2017年
上智大学名誉教授
深い学識と鋭い評論で知られる。
著書
「自分の品格」
「知的生活の方法」
「イギリス国学史」
など

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。