ひやかし 中島 要

「ここの女は我が身を売って、家のため男のために金を作った者ばかり」

吉原に身を売られたおなつ
おなつは元々侍であった。
皆川藩米倉家に仕えていた武士、大下彦十郎の娘。
婚礼を控えた十八の春。
父、彦十郎が花見の最中に考えが全く違う
田坂孫右衛門と口論になり
彦十郎が孫右衛門を切り捨てそのまま逃げてしまった。

おなつの婚礼は消え、大下家は取り潰し。
母は病に倒れ兄は盛り場で借金を作り
おなつを吉原に売ってしまう。

おなつは白妙と名を変え客を引くが、なかなか客がつかない。
ある時から着の身着のままの浪人が
おなつの居る巴屋の前に立ち続ける。
店に入るでもなく女たちに声をかけるでもなく
ただ、おなつの方をじっとみる浪人。
おなつも気になりはじめ、思いを寄せるようになり
それと共におなつ(白妙)が売れっ子になっていく。

ところがある日からばったり浪人を見かけることが無くなった。
気になるおなつ。そこへ浪人の素性を知る三益屋治平と名乗る男がおなつに会いに来る。

表題の「素見(ひやかし)」をはじめ
吉原の女性を書いた短編集

“ひやかし 中島 要” の続きを読む