新・片づけ術 断捨離 やましたひでこ

LINEで送る
Pocket

「余計な情報も捨ててしまって、自分が行動できることを選んでいくことも必要」

「断捨離」という言葉は、もう浸透していますよね。
この本は「断捨離」を考案された、やましたひでこさんの
言わば「元祖・断捨離」本です。


私は片づけるのが下手です。
片づけてもすぐに色々なモノがあふれてしまいます。
今、見渡しても
机の上
カラーボックスの上
本棚の前
もう、見たくない(笑)

そもそも断捨離とは??


買い物を吟味する
要らないモノはもらわない
必要なモノのみ入手

 


ガラクタを片づける
モノを売る、あげる
お気に入りに絞る

 


執着から離れる
自分がわかるし好きになる
ご機嫌になる

 

断+捨=離
今の私にふさわしいモノ選びをする

 

断捨離の目的は
部屋をきれいにするのではなく
本当の自分を知ることができ好きになる
主役はモノではなく私

不要・不適・不快にも関わらず
捨てられないで家にある理由は執着

確かに私は執着心が強い…。
私は祖母に育てられましたが
祖母は大正生まれの人でモノを大切にとっておく人でした。
新聞に入っている広告の裏紙をメモ用紙に
包装紙はきれいに折りたたんで置いておく
小さい頃の私はそのモノが宝物の様に見えました。

そんな祖母との生活が影響してか
私も裏紙を見れば切ってメモ用紙に
でも可愛いメモ帳を見れば買ってしまいます。
捨ててもかまわないモノも
「何か(いつか)使えるんじゃないか」
と思ってつい捨てずに置いておく習性があります。

そう「もったいない」の発想です。

著者のやましたさんは「もったいない」を
「捨てる免罪符の『もったいない』ではなく、
モノを愛おしむ『もったいない』を意識したいもの」と書いています。

モノを取り入れる時に「もったいない」を意識することが必要
「もったいない」の主語がモノになっていないか
「私が使う」ではなく
「このモノはまだ使える」

もう、やましたさんは私が片づけるところを
見ているんじゃないかと思いました。

物を捨てる基準は?

・徹底した自分軸、主語は「私」
 (誰かが)使える箸ではなく
 私が使う箸
・どこから見ても「ゴミ」というモノから取り組む
・時間軸は「今」
・そのモノと私は生きた関係かどうかを見極める
・本当に必要で取っておきのお気に入りだけを選ぶ
・非日常に赴きを置かない
・まずは一点完璧主義
 机の引き出し1つ、財布の中身から始める
・捨てるときは「ごめんなさい」「ありがとう」を言う

断捨離の効果

・所有の発想から解き放たれる
・モノへの問いかけで自分の心の奥底にある本当の気持ちに気づく
・知行合一

 

「今の自分」に必要なモノだけを残して
後は捨てることで、自分の気持ちに気づくことができる。
一体私の心の奥底にある本当の気持ちとは何だろう???
知りたいような怖いような…。

とりあえず、今日はお財布の中をきれいにします。

【目次】

はじめに~What’s 断捨離?~
第1章 仕組みがわかればやる気は起きるー断捨離のメカニズム
第2章 なぜ私たちは片づけられないかー捨てられない理由
第3章 まずはアタマの整理からー断捨離的・思考の鉄則
第4章 そしてカラダが動き出すー断捨離的・実践の手法
第5章 爽快感と解放感、そしてご機嫌 ! ー見えない世界の加速度的変化
あとがき

マガジンハウス
191頁

【こんな人におススメ】

モノが捨てられない人
自分探しをしている人
なかなか一歩が踏み出せない人

著者 やましたひでこ
クラターコンサルタント
東京都出身
モノの片づけを通し、誰もが実践できる
自己探求のメソッドとして落とし込んだ
住まいと心のガラクタの新・片づけ術
「断捨離」を考案。

やましたひでこ オフィシャルブログ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
当ブログの記事があなたの読書のお役に立てれば幸いです。
また読みに来ていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください